中今〇ノ丞の「まあるく生きる」

人生をどう生きたらいいのか、一緒に考えよう

拉致問題の現況 「露中北韓に負けず仙台に立つ!-ぼくらの国会@仙台」

 

 

みなさんこんにちは、中今〇ノ丞です。

 

 

今回は、当ブログにてたびたび取り上げております自民党の青山繫晴参議院が、

「ぼくらの国会」と題して仙台にて行われた講演会の中で、拉致問題について

語っておられる動画をご紹介いたします。

 

 

また、5月27日での青山議員のブログから、その当日に行われた拉致議連の総会

の模様もアップされていますので、合わせて載せておきます。

 

青山議員は、参議院議員になる遥か前の民間の時代から、この拉致問題に取り組んで

おられ、その経験と国内外のインテリジェンスより常に情報を入手して、一刻も早い

拉致被害者の奪還を昔から訴えられておられるお一人です。

 

 

今回の動画や青山議員のエントリー記事を通して、テレビなどで流れる拉致問題関連

のニュースだけでは知ることのできない、深い部分まで知り尽くした青山議員の拉致

問題の現在の状況についての話しくを是非ご覧いただき、ご興味を持ってくだされ

ばと思います。

 

 

 

 

 

 

 

以下、青山繫晴ブログ「On the Road」より転載

 

( 写真は、護る会メンバーの杉田水脈代議士が知らないあいだに撮ってくださいました。いつもながら感謝です )



▼ひとつ前のエントリー ( ここです ) に記した拉致議連の総会は、その後、首脳陣からの説明、そして防衛省と外務省による北朝鮮の現状の説明があって、北村経夫拉致議連事務局長 ( 護る会メンバー ) から、われわれ平場の議員に対し「発言のある方はどうぞ」との議事進行がありました。

▼わたしは即座に挙手をし、発言しました。
「この ( 武漢熱のために開会が延期されてきた ) 拉致議連総会が久しぶりにこうやって開かれる、およそ2時間ほど前に、国連において、北朝鮮への制裁強化がロシアと中国の拒否権発動によって、葬り去られました」

 ( ここで、目の前に着座している外務省の良心派の幹部が大きく、無言で頷きました )

「それを考えても、バイデン大統領が拉致被害者のご家族に親しく接してくださって、それは本当にありがたいことでありますが、日本みずからがこれまでに無い、新たな動きを見せなければ、拉致被害者を取り戻せません」

「ここが超党派の議連だからこそ、申しあげます。現憲法下においても、拉致被害者の救出に通じる作戦演習を自衛隊が行い、そのために戦争になるのではなく、したたかな北朝鮮が新たな交渉のテーブルにつく可能性を切り拓くべきです。これまで予算委員会などで、すべての党派の議員のみなさんの前で提案してきましたとおりです」

「また、歴代総理がただの一度も、特定失踪者のご家族にお会いになっていない現実を、ここで変えるべく、拉致議連としても行動すべきです。特定失踪者のご家族に岸田総理がお会いになることを実現し、それを、拉致被害者の認定がまったく進んでいない現実の打開にも繋げねばなりません」

「特定失踪者のなかには、拉致議連の議員ならみなさんご存じのように、富山の高校3年生 ( 当時 )だった水島真一さんをはじめ拉致被害者として認定されないことがあまりに不可解な同胞、はらからも少なくありません。この不当な現実を打開するために、拉致議連からも岸田総理に、特定失踪者との面会を実現なさるよう働きかけていただくことを、平場の会員として、こゝろからお願いします」

▼広い場内は静まりかえりました。

 政府側からは「 ( 救出作戦の演習は ) 現在の法体系では難しい」という答弁がありました。
 この答弁は、政治思想の問題以前に、法的に間違っています。

 また拉致議連の首脳陣からはー
( 1 ) 帰国なさった時に、特定失踪者と拉致認定者の扱いに違いが出ないようにしたいと努力している
( 2 ) 拉致認定を一度でも失敗すると、北朝鮮に利用されるから政府は慎重にならざるを得ない
( 3 ) 特定失踪者の中には、行方が分かって、拉致事件とは関係なかったという人が最近、何人も見つかった
ーという回答がありました。
 (1)と(2)は、これまでも繰り返し語られています。

▼わたしは納得しません。
 以下、あえて公に、異論を述べます。

 ( 1 ) 帰国なさった時にいかに現代の日本社会に溶け込んでいただくかは、もちろん非常に大切な課題です。
 しかしまずは、その帰国が実現していないことが大問題、致命的な問題なのであって、論点に深刻なズレがあると言わざるを得ません。

 ( 2 )「認定を一度でも失敗すると北朝鮮が利用する」というのは、その通りです。しかし、失敗しないように認定を進めるのが政府の仕事であって、「だから特定失踪者のご家族と総理が会うこともしない」というのは話が逆さまです。

 ( 3 ) 特定失踪者については、今から10年前の西暦2012年12月に警察庁が「拉致の可能性のある日本人は868人」という数字を開示しました。
 日本には年間、7万人から8万人の行方不明者がいらっしゃいます。
 一般に持たれているイメージより、多いと思います。そのなかから、「拉致という可能性を完全には、排除しきれない」という人を選び出して、「868人」としたのであって、その中から拉致事件と無関係だったという人が見つかっても、それはまったく当たり前です。
 だからといって、この868人という、意図的に緩く算出した大きな数字の中に、ひとりも拉致被害者がいらっしゃらないということには、全くなりません。
 これも話が逆さまです。

立憲民主党松原仁・元拉致問題担当大臣 ( 拉致議連の幹事長 ) が「青山さんの問題提起は、本質的に大切だ」と発言されたのが、わずかな救いです。
 この拉致議連の総会が終わったあと話しかけてこられた、良心的な野党議員ともすこし、胸襟を開いて議論しました。
 超党派の議連なら、これが不可欠なことですね。

▼一方で、自由民主党の衆参両院議員74人でつくる「日本の尊厳と国益を護る会」 ( 護る会 ) はこれまで何度も、岸田総理に、官房副長官らを通じて、あるいは代表のわたしが直接、「総理、特定失踪者のご家族とお会いください」と申し入れてきました。
 これからも、超党派拉致議連と連帯し、協力しつつ、護る会の役割を果たしていきます。

 世界は動きます。しかしそれを待つのではなく、日本がみずから動いて初めて、同胞を取り返せます。
 政府を外から批判しているだけでは、政府も動きません。中から動かすしかありません。
 世界を外から眺めて論評しているだけでは、世界も動きません。日本が世

界の一員として、動くのです。

 

 

 

 

※5月30日より、青山議員の新刊が三冊発売になりました。「月刊HANADA」

に連載されたものの集大成です。

      ☟  

 

 


 

「YOU TUBE」始めました

 



みなさんこんにちは、中今〇ノ丞です。

 

この度、以前から念願だったYOU TUBE を始めました(*´ω`*)

 

名付けて「中今〇ノ丞チャンネル」(タタタ タッタ ター)←お馴染みラッパ風の効果音を想像して下さい・・・

 

 

 

とりあえず、第一回の動画はこちらの熱田神宮

 

熱田神宮にしたのは有名処なので画に安心感があるし、何もしなくても良い感じに

画になり、良い動画が撮れるという・・・(^▽^;)

 

 

前々から尾張式内社シリーズなどで、動画も撮って合わせてご紹介したいな

と思ってはいたのですが、YOU TUBEをするのは何か難しそうだったので、

今まで延び延びになっていたのですが・・・

 

 

しかも、過去にビデオカメラで撮り貯めた神社の動画が、OSの関係で

YOU TUBEにあげられないということが発覚し・・・ガビーン(´゚д゚`)

 

 

 

いまはYOU TUBEで関連の動画を色々と検索しながら、器材や編集の仕方などを

見ながら勉強しています。

 

 

この「中今〇ノ丞チャンネル」では神社シリーズの他にも、色々と世の中のために

なるようなものを出せればいいなと思っています。

 

 

まだまだこの先、無事に動画が出せるかどうかわかりませんが、とりあえず

 

「ユーチューブはじめました!!🍜」

 

 

 

 

 

朝日神社  (名古屋市中区)

 

 

みなさんこんにちは、中今〇ノ丞です。

 

今回は名古屋市中区の栄のど真ん中にあります「朝日神社」(式外社

をご紹介致します。

 

 

参拝日時:令和4年5月5日

 

名古屋市中区錦3丁目22-21

 

 

御祭神

天照大御神

天児屋根命(あめのこやねのみこと)

 

ビルが立ち並ぶ一角に、ご鎮座まします「朝日神社」。

この辺りは「錦三」(きんさん)と呼ばれ、名古屋では高級クラブなどが

集積している繁華街として有名なのだそうです。

もともとは、名古屋の北方にあります清州に御鎮座されていたが、徳川家康の命により

名古屋に移築遷座されたという(当神社関係者)。

 

 

その清州にご鎮座されていた期間はわからない、ということなので、トータルでの

創建からの年数はわかりません。

一礼。お邪魔します

お祭りに使われる山車。

見えづらいですが、右側が御神輿。左側は龍の御神輿となっており、後で載せます

境内社の公孫樹(「いちょう」と読みます)龍神社にまつわる御神輿です。

では、まずは拝殿に伺います

御本殿

御由緒書

 

すぐ隣に交番があるという場所柄なのですが、それでも賽銭泥棒がいるとのこと。

 

 

 

それでは、境内社をご紹介いたします。

 

まずは稲荷社。

 

こちらがご神木の公孫樹(いちょう・銀杏とも書きます)で、雌だそうです。

日銀の名古屋支店から移したものだとか。

 

こちらは「公孫樹龍神社」。

こちらのいわれが面白かったので、ご紹介いたします。

 

 

昔、本殿の辺りにあった公孫樹の木を伐採したところ、二匹の白蛇が出てきたそう。

そしたら、神社の宮司さんがその日の夢の中に、仙人のような人が現れて

「ワシの住処なくなった」

と言われた。

 

ということで、新たに「公孫樹龍神社」をつくり、祀ったという。

こちらのお社だけ鳥居がついていたので、不思議な名前といい、疑問に思い

ましたので、社務所にいらした方に聞いてみたのでした。

 

 

ちなみに、この日は宮司さんは御不在で、津島の津島神社の行事に行かれた

とのこと。

境内にいた鳥。動きが早くて、うまく撮れませんでした。

新緑が眩しいです

 

 

こちらが御朱印

 

 

さて、今回の訪問は、実は他にも理由がありまして、2年ほど前の記事で、名古屋

守山区にあります式内社「高牟神社」を訪問したさい、たまたま境内の清掃を

されていた氏子総代さんに「御朱印は?」と聞いた際、今回の「朝日神社」の宮司

さんが兼務されているので、朝日神社に行ってもらってください、と教えて下さい

ました。

 

それから2年の月日が経ち、ようやく、当社に訪問と相成りました。

 

 

その高牟神社(守山区)の御朱印はこちら

    ☟



 

そして、その時の記事です。ちなみに龍神雲も登場しますよ。

           ☟

www.nakaimamarunosuke.com

 






こちらの朝日神社には、専用の駐車場はありませんので、公共交通機関
を利用されるか、コインパーキングを利用されることをお勧めします。


 

 

 

 

 

報道されない福島第一原発の真実  「父祖の地は喪われていない 被災地郡山にて-ぼくらの国会@郡山」

 

 

みなさんこんにちは、中今〇ノ丞です。

 

当ブログにてたびたび取り上げています、自由民主党の青山繫晴参議院が、

現在全国で行われております「ぼくらの国会」

 

 

今回は5月3日、福島県は郡山にて行われたその模様をご紹介いたします。

 

 

 

話しの内容の中心は、やはり11年前に起きた「福島第一原発の事故」についてで、

 

●線量は低いのに、事故当時に避難しなくともよい人達まで避難させられていた

 

●そもそも原子炉は壊れていない。電源の配電盤が壊れて燃料棒が溶けて下に落ちた。

そして、それによって放射性ヨウ素放射性セシウムの2種類のみしか出ていない。

 

チェルノブイリ原発ではお釜が爆発したが、それと福島はまったく状況が

違う。福島では建屋の中にたまった水素が爆発し、ダスト(埃)が舞っただけ。

 

●青山さんは当時、内閣原子力委員会原子力防護専門部会の専門委員だった。

 

●4月22日に青山さんは吉田所長と初めて会い、その許可のもとで構内を専門家

としてその現場を調査する。

 

●まず4号炉を調査。そして1,2号炉。そして海側(後ろ側)を調査。

その結果、日本の原発地震の揺れに耐えた。

 

●そもそも、アメリカのGEから買った欠陥炉だった(つまりは、アメリカ製で

ハリケーン対策用の原発だった)。

 

●線量が低すぎ。放射線障害で亡くなった人はいない。放射線障害の治療を

受けた人もいない。亡くなった4千人は災害関連死。

 

●なのに、現在もなぜかチェルノブイリと同じレベル7となっている。

 

民主党政権時の菅直人首相が設定したレベル7にされているが、福島の

地は汚染されていない

 

●レベル7を早く下げるべき。IAEA原子力規制委員会)がそれを待っている。

 

●経済を良くするには消費税減税。少なくとも8%にすべき。

 

●日本が核シェアリングをするべきか

 

●日本は議院内閣制なので、まずは自由民主党で議論を始めるべき

 

アメリカは、日本に核爆弾を落とした張本人なので、その実態をよく

知っている。

 

北朝鮮を支えているのは中国なので、存続し続ける。

 

●皇室の父系一系について

 

●日本の皇室を無きものにしようとする周辺国

 

●新型コロナウィルスはどこからきた

 

 

 

 

 

 

 

www.nakaimamarunosuke.com

 

 

www.nakaimamarunosuke.com

 

チェーンソーアート第一人者、城所啓二さん 名人対談 その5 和歌山県 ようこそ知事室へ 

f:id:nakaimamarunosuke:20211231115239j:plain

 

みなさんこんにちは、中今〇ノ丞です。

 

当ブログでたびたびご紹介しておりますチェンソーアート元世界チャンピオンの

城所ケイジさん。

 

 

その城所さんと和歌山県の知事さんとの対談が、和歌山県のHPに載っておりまして

(17年くらい前のもの)、その内容があまりに素晴らしかったので、何回かに

分けてご紹介していきたいと思います。

 

今回は最終回です。

 

 

引き続き、要所要所をピックアップして書き出してみます。

 

 

 

 

f:id:nakaimamarunosuke:20211209204949p:plain

 

前回の続きから

 

城所さん:ただ、なかなか難しいですよね。大量に来られる観光客の方に食べさせなきゃならないから、大量に作る技術とおいしいものを作る技術のバランスが難しいですよね。

 

仁坂知事:大量に作らなくても良いんです。限定20食とかするほうがずっといいのかもしれませんね。一例を挙げますと、龍神にある豆腐屋さんは最高ですね。

 

城所さん:彼も緑の雇用森林組合に勤めていて、独立して豆腐屋をやっているんです。彼が言ってたんですが、彼のところは手作りだから昔ながらの製法を保っていて、年に2回だけ豆腐は作れないと。すっごく不思議なことなんですが。

 

仁坂知事:ほぉそうですか。

 

城所さん:自然の中にいるとそういうことが段々と感じられるようになるって、そんな不思議な話しをしていましたね。これと同じで、木についてもある特別な日に切った木は割れにくくて裂けにくいと言われています。

 

仁坂知事:へぇそうですか。

 

城所さん:熊野本宮に持って行った龍神様の木は、そのある日に切ったものなんです。その日しかだめなんです。たった一年に一回しかチャンスがないんです。昔の木こりさんは、その時一斉に山に入って木を切ったそうです。その日しか木を切るタイミングがなかったんです。

 

仁坂知事:今は年がら年中切っていますからね。

 

城所さん:逆に言うと、経済サイクルに合わせてますから、そこのところを無視されちゃってるんですけど、昔はやはり百年単位の商売だったので木を切ることをすごく大切にしていました。ちゃんと月の暦を見て、この日に切らなくちゃと。それは迷信でも何でもなくて、実はちゃんといいものを取るためのノウハウだったんです。だから、その辺がちょっと見直されてくるかなという気がしてるんです。

 

ただ、偽物が出回るのは恐いなと思って。そういうのって見た目ではわからないじゃないですか。うちのはその特別な日に切ったよと言われて、使ってみると割れたと。「特別な日」なんか全然あてにならないじゃないかということになっちゃったら、本当に特別な日に切った割れない木を提供している信用がなくなりますからね。だから出し方をよほど気を付けないと。

 

そういうことを林業関係者とちゃんと話をしてるんです。すぐには戻らないですが、今後は少しずつ昔のサイクルに戻してよりいいものを、同じ木なんだけれど和歌山の木っていいね、って言われる生産の方法をちゃんと確立しなくちゃいけない。

 

ほとんどその特別な日に木を切ってる人なんかいませんしね。それに大体そういう日って市があったりとか、山に入らない日が多いですよ。だから無理に木こりさんを集めて切ってもらっている状態です。

 

 

 

www.nakaimamarunosuke.com

 

www.nakaimamarunosuke.com

 

 

 

 

 

尾張式内社を訪ねて 80 「八剣神社」

 

みなさんこんにちは、中今〇ノ丞です。

 

今回ご紹介いたしますのは愛知県一宮市にございます「八剣神社」です。

こちらの神社は式内社の「布智神社」の論社とされている神社です。

 

 

愛知県一宮市玉野淵ケ巻2392

参拝日時:R4年5月2日

 

 

御祭神

神武天皇第三皇子

 

一礼。お邪魔いたします。

比較的長い参道です。

今回は2度目の訪問となります

境内にいた蝶。その姿を撮らしてくれました。

村社なので普通の神社ではありますが、雰囲気の良い神社ですよ。

この清潔感のある佇まいというのでしょうか、どこか清々しい、そして凛とした

雰囲気の中で、参拝に臨みます。参拝前のこの瞬間が好きなんですよね。

それでは境内を一周してみましょう

御本殿

空の様子

本殿の後ろは鎮守の杜になっています。

樫の木

拝殿内に掲げられていた説明文。御祭神がこれでよくわかりますね。

 

それでは順に境内社をご紹介いたしましょう。

 

 

こちらは、くろがねもちの木

参拝後の空




今回は2度目の参拝となりました。



こちらの神社は村社なので社格は高くはありませんが、境内社も多くて、
天然記念物の木を含めた木がたくさん生い茂っていて、雰囲気のよい神社

です。

 

 

ちなみに専用駐車場はありませんので、すぐそばの路肩に車を停めての

参拝になりました。

 

 

 

 

 

 





 

 

6月1日に、青山繁晴参議院議員が名古屋に来ます



みなさんこんにちは、中今〇ノ丞です。

 

当ブログでたびたびご紹介しております、自由民主党の青山繫晴参議院

6月1日に名古屋に講演で来られます。

 

なんと入場料は無料!

 

青山繁晴議員はご自身でもYOU TUBEで動画を通して様々な情報を

発信しておられますが、その動画の名前が「ぼくらの国会」といいます。

 

この度の講演会も全国を飛び回って、ご自身の参議院議員としての

6年間の活動を来場者の主権者である国民に報告も兼ねてお話ししたい

ということです。

 

名古屋は先着順で250名収容の会場ということなので、まず参加できると

思います。

 

ご興味のある方は、この機会に是非一度生の青山議員の話しを聞いてみて

下さい。

また、その他にも長崎や東京など、他の都道府県にて講演の予定が

組んでありますので、青山議員のブログ「On the Road」にてチェックして

みて下さい。

 

 

 

私も6月1日の名古屋講演は申込みしましたので、はてなブロガーさんで

同じく申し込まれた方がいらっしゃいましたら、是非私のツイッター

のDMか、またはブログのコメントにてお知らせください(当ブログのコメント

は承認制にしておりますので、私が承認ボタンをクリックしないかぎり、

コメント欄には表示されませんので、お気軽にどうぞ)。

 

宜しければ一緒に会場にてお話ししましょう('◇')ゞ

 

 

 

 

▼ぼくらの国会in名古屋
青山繁晴講演60分
・質疑応答30分
【日時】2022年6月1日水曜 18:30~20:00
【場所】名古屋マリオットアソシアホテル(愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4)
【参加費】 無料
【応募方法】ここ  をクリックされ、必要事項を記載し申込みをして下さい。
感染症対策からも会場に人数制限があります。ご参加可否は5月25日(水)までに、メールにてご連絡致します。

 

 

 

 

★「ぼくらの国会」リアル版は・・・

 わたしが参議院議員となって1期6年がまもなく終わります。
 これまでの成果、たとえば外務省が韓国を「ホワイト国」から外し敗戦後の外交として初めて、言うべきを言う外交に変わり始め、経産省は史上初めて、自前資源の開発に力を入れ始めて「2027年度までにメタンハイドレートを商用化」と掲げ、さらに自由民主党議員は、従来の派閥とはまったく違っておカネの動かない、利権を貪らない新しい議員集団「日本の尊厳と国益を護る会」 ( 護る会 ) に実に74人の衆参両院議員が集うまでに変わりつつあります。
 不肖わたしが本来の願い通りに1期のみで去れば、すべてが逆流するでしょう。
 そのために、7月10日の参院選の全国比例に、もう一度立つことを覚悟、決心しました。
 しかし仮に、そうではない場合も、間違いなく、この「ぼくらの国会」リアル版を各地で開き、主権者・国民のみなさんの眼を見て、6年の報告と、ウクライナ戦争後の日本とアジアと世界について、語っていたと思います。
 たいせつな会です。
 全国各地で、熱く、盛りあがっています。
 さぁ、一緒に考えましょう。

青山繁晴講演のあと質疑応答
・地元選出の護る会 ( 日本の尊厳と国益を護る会 ) メンバーの代議士との対談もおこなう場合があります
・参加費は無料
・当日参加も可能
・全席自由席
感染症対策からも会場に人数制限があり、事前申し込みをいただいた方には、ご参加可否をメールにてご連絡致します。

【1】募集中

兵庫県姫路市 ( 5/15 )  ここ  をクリックしてください
横浜市緑区 ( 5/18 ) ここ  をクリックしてください
新潟市 ( 5/22 ) ここ  をクリックしてください
京都市 ( 5/28 ) ここ  をクリックしてください
長崎市 ( 5/29 ) ここ  をクリックしてください
東京都北区 ( 5/30 ) ここ  をクリックしてください
兵庫県加西市 ( 6/4 ) ここ  をクリックしてください
福岡市 ( 6/5 ) ここ  をクリックしてください
有楽町 ( 6/12 ) ここ  をクリックしてください
堺市 ( 6/19 ) ここ  をクリックしてください

 

 

 

※講演会場で貰うチラシの裏