中今〇ノ丞の「まあるく生きる」

人生をどう生きたらいいのか、一緒に考えよう

安倍元総理に心からの感謝と哀悼の意を捧げます



安倍元総理に心からの感謝と哀悼の意を捧げます。

 

 

安倍さんは、戦後の日本を国際法に準じた国にしようと努力された方です。

 

安全保障関連法案、平和安全法制にしても、海外の日本人を救出できるように

しました。

 

いつまでもアメリカに守ってもらうことばかり考えていては、日本は

いつまでたっても独立国とはいえません。

 

国際法上、自国民が危険にさらされたとき、その国の軍隊が自国民を守ることは

当たり前のことです。

 

 

第二次世界大戦の経験を通して、世界の国々が学んだことは

「複数の国が協力してお互いを守る、すなわち集団的

自衛権

 

戦争を起こさないための

「抑止力」

の二つです。

 

集団的自衛権国際法で認められているのですが、日本でこれを議論しようと

すると、必ず「戦争だ 戦争だ」と騒いで、議論が進まなくなります。

 

 

そして、自主憲法制定を掲げ、いまだ一時一句変えることのできない

自民党にあって、安倍元総理は憲法を改正することを悲願とされていました。

 

 

振り返ってみればマスコミの安倍内閣打倒運動は凄まじいものでした。

 

マスコミは公平な記事を書いてると思われるかもしれませんが、日本では周到に、

周辺国の工作活動が浸透しております。

世論工作です。

 

なぜ安倍元総理は、マスコミの標的にされるのか?

 

それは、周辺国にとって都合の悪いことをされたからです。

 

周辺国にとって、日本が憲法を変え、独立した昔の強い日本になることを

とても警戒しています。

 

いつまでも、憲法9条を変えず、いつまでも自虐的な国民でいてほしい、

日本は悪いことばかりしてきた国なんだと、いつまでも周辺国に謝り続ける日本

でいるようにように盛んに工作しています。

また自民党内でも、その周辺国とつながっていて、周辺国に有利になるような

活動をしている議員もいます。

 

そもそも憲法9条には国民を守るすべが何一つ書かれていません。

「交戦権は認めない。威嚇もだめ。陸海空その他の戦力も認めない」

という、未だアメリカの占領下の体制そのままです。

 

このために、拉致被害者の救出活動ができません。

 

そして、阪神淡路大震災の時も、自衛隊が渋滞のために動くこと

ができず、そのため災害地に間に合わず、生きながら焼かれた人

がでてしまいました。

 

それらを解決するのが、憲法9条

「自衛の措置は妨げない」

これをを付け加えるだけで、拉致被害者の救出活動が可能になります。

また、災害時の救出活動をするにあたり、渋滞時には車両をどかして

災害地に進めます。

この「自衛の措置は妨げない」は既に自民党の改正案にも正式に採用されて

います。

 

また拉致問題にしても、まだ安倍さんが秘書の時代に、拉致被害者

方の話を聞かれ、そこから拉致問題が認められるようになったのです。

 

 

拉致被害者の救出をはじめ、日本を甦らすことに尽力された

安倍元総理。

日本のために尽くされた方が、こういう形で亡くなられてしまうことに、

無念を感じますが、

 

心からありがとうございます。

日本のためにありがとうございます。

ご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

 

追記:

そして、たった今、盟友の青山繫晴参議院が、安倍元総理のことについて、

語られている動画がアップされました。

知られざる何十年も前からの付き合いを通して、誰も知ることのない

エピソードを交えて、本当の安倍元総理の深い真の姿を語っておられます。

是非ご視聴下さい。

 

 

 

最後にかなり前に書いた記事で、いつか出そうとしていた記事があります。

加計学園のことですが、これも安倍元総理の名誉のために、ここで

アップいたします。

よろしければご覧ください。

 

 

報道されない「加計学園」騒動の真実

すでに5年も前になりますが、加計学園についての問題が騒がれた

ことがありました。

 

 

そのことについて、平成29年度の予算委員会において、自由民主党の青山繫晴

参議院が質問に立ち、この問題の真実を抉り出している動画があります。

 

 

常日頃テレビを通して印象操作された報道ではなく、、この動画を通して

真実は一体何だったのかを知っていただきたく、今回ご紹介いたします。

 

 

テレビ、いわゆるオールドメディアによる偏向報道や、都合の悪いことは報道その

ものをしないという行為が、この動画を通してあるのかどうかも、視られたかたが

それぞれこの機会に判断して頂ければと思います。

 

 

 

 

 

※そして2年前に書いた記事です。

      ↓

www.nakaimamarunosuke.com

 

 

 

 

 

 



 

青山繁晴参議院議員街頭演説 IN 名古屋駅 2022年7月1日

 

みなさんこんにちは、中今〇ノ丞です。

 

7月1日に自由民主党青山繁晴参議院議員が、名古屋駅にて街頭演説

されました。

 

その時の模様を私のYOU TUBEチャンネル「中今〇ノ丞チャンネル」にて

アップしましたので、ご覧ください。

 

 

 

青山さんは、いつものように選挙カーから降りて、聴衆と同じ目線で

話されています。

 

選挙演説といっても、中身はご自身も仰っているように「大学のゼミ」

の如く、世界情勢からエネルギー、政治など多岐に渡り、よくいる

政治家の話しとはまるで違います。

 

要は「具体性のある話し、そして面白い話し」です。

 

なお動画撮影が不慣れなため、途中映像が途切れてしまうところがござい

ますが、ご容赦ください。

約1時間ほどですが、是非ご視聴いだだきたいと思います。

 

 

 

 

「投票所で、係の人に、2枚目は政党名を書けばいいと言われて、そうしてしまった。青山さんの票にはならないなんてショックです」と仰る方が絶えないのが、まさしくショックです(青山繫晴参議院議員ブログより)

 



みなさんこんにちは、中今〇ノ丞です。

 

参院選期日前投票が既に始まっていますが、投票用紙の2枚目の

記入について、投票所の係りの方や、また政党からも「2枚目は

政党名を書いてもよい」との声掛けがあるようです。

 

 

現在全国比例で立候補されている青山繁晴参議院議員は、2枚目は政党名を書くの

ではなくて「個人名を書いて下さい」と仰っています。

例えば自由民主党の中にも色々な思想や意見、支持団体を持つ議員がいて、全員が

同じというわけではなくて、中には中国・韓国・北朝鮮に繋がっていて、それらの

国に有利になるように動いておられる方もいて、政党名を書くとそれらの方の票に

なってしまいかねません。

 

 

なので、それぞれの立候補者の主張や政策を見て、日本の国益と国民益のために

動く候補者を見極めて、その立候補者の個人名を書かないと、日本の国益につな

がらない、という結果になると警鐘を鳴らしておられます。

 

 

以下、青山繫晴参議院議員のブログのエントリー記事を転載いたしますので

是非参考になさってください。

 

 

 

青山繫晴参議院議員ブログ「On the Road」よる転載

 

 

 

▼6年前の参院選で、在京キー局のテレビ記者から電話が掛かってきました。
期日前投票比例代表は、青山さんに入れたという人が極端に多いのです。間違いなく100万票を超えていると思います。青山さんは何の団体の支持も受けない。それに出馬も公示の直前でした。選挙運動は、ただ遊説するだけですよね。なぜ、こうなるんですか。どう受け止めますか」という取材でした。
 芯から驚いていることが伝わってきました。
 そして同じような取材が、テレビからも新聞からも通信社からも続いたのです。

 しかし蓋を開けると、48万1890票でした。
 それでも充分に、驚くべき票でした。遊説のときに見た、みんなの眼の輝きにふさわしい票でした。
 だから、メディアの事前取材との食い違いの原因について、ぼく自身は深く考えませんでした。

▼選挙後に時間が経って、複数の報道機関や、公的機関の追跡調査の結果を仄聞 ( そくぶん ) し、また、このエントリーのタイトルにあるような現実にぶつかって、ははぁ、なるほど、これかと今、思うのです。

 記者の取材に「青山繁晴さんに入れましたよ」と答えたひとの多くは、これまで政治家が嫌いで選挙に行かなかったひとです。
 そして投票の制度の欠陥 ( 比例代表の投票は、個人名でも党名でも良いとする曖昧な分かりにくい制度 ) によって、参院選比例代表 ( 全国比例 ) 、すなわち投票所で渡される2枚目の票に、「自民党」ないしは「自由民主党」と書いてしまって、実際にはぼくの票には全くならなかった票が大量にあるということなのですね。

▼ぼくの票数がうんぬんではありませぬ。
 日本の主権者、主人公の意思が実は消されて、古い自民党の票になってしまい、「自由民主党を中から変える」ための票にはならなかった、そこが重大な問題です。

▼上掲は、三浦麻未公設第一秘書がつくってくれた新しい呼びかけです。
 どうかこれを、あなたと、あなたの周りのひとびとに広めていただけないでしょうか。
 崇高な一票の意義を護るために。


 

テレビ番組から即刻なくしてほしいもの (雑記)

 

f:id:nakaimamarunosuke:20220219211629j:plain

 

 

みなさんこんにちは、中今〇ノ丞です。

 

今回は遊び記事を書いてみましたので、お気楽に読んでみて下さい(^<^)

 

 

さてテレビ番組からなくしてほしいもの、第一位は・・・

 

 

 

【ワイプ画面】!!

 

 

 

よくテレビ番組で旅や食事をしたり、あるいは何かに挑戦したりといったロケの

VTRなどで、画面の隅っこにスタジオの出演者たちの顔を丸枠で出す

「ワイプ」

 

 

流れているVTRに対してコメントを突然はさんできたり、「おいしそう」とか

「ワァ~」といった感想を言ったりするものなのだが・・・

 

 

せっかくロケで盛り上がっていたり、素晴らしい流れの場面になり、観ているこちら

がその感動に没入しようとするとき、それを邪魔するかのように、出演者達の画に

切り替わり、突然コメントをねじ込んでくる感がほんとにジャマ!!

 

 

せっかくそのVTRの演者たちに気持ちが感情移入しているときに、全然ロケに関わっていない人間やタレントが割って入ってくる・・・

しかも、そこでのコメントやセリフが、ホント意味のないつまらないもので(=_=)

 

 

ちなみにワイプ画面がジャマと感じる番組ベスト3は

1位「ポ〇〇と一〇〇」

2位「日本にご招待○○」

3位「○○より秘境に○○」

他には

「○○何しに○○へ」

 

などなど、数え上げたら切りがないくらいある・・・

 

 

例えば、そのロケをした当事者や下請けの製作スタッフや演者が色々言う分には

わかる。

その時の苦労話しや登場人物と触れ合った感動、こぼれ話など、むしろもっと

積極的に語ってもらいたいぐらいだ。

 

 

しかし何も関係のない、安全で居心地のいいスタジオにいるMCやその周辺の出演者が、あたかも自分がロケしてきたかのように、偉そうに言葉をかぶせてたり、ねじ込んでくるその姿に、いつも観ていて違和感MAX!

というのも、実際に体験していないので、そういった盛り上げ役の人がどんなに

感情を込めて言っても、白々しさはどうしてもでてしまうんですよね・・・

 

 

『いらないよっ!その流れ!その言葉!!』

 

て、よく思います。

 

 

まあ、番組のディレクター側も秒刻みの視聴率を獲るために狙ってやっているんだ

ろうけど・・・

そういうコメントを言わされる出演者たちも、それを承知で盛り上げようとしている

のはわかるが(´゚д゚`)

 

もっとその時間を利用して、良いものを撮ってきたスタッフや演者たちを

出して、その苦労話しとかを語ってもらえよ( ゚Д゚)て思います。

 

 

 

なので、テレビのリモコンには

「ワイプ画面のオン・オフスイッチ」

を付けてほしいと熱望しています。(ついでにその音声とかも副音声にしてほしい)

 

 

そういう意味では、例えば某自称公共放送の「○○72時間」などは、ナレーショ

のみで、そこでの出演者達は素人ではあるものの、素の人物像をそのまま映し出し

てくれるので、あざとらしさがなくてとっても見やすいし、面白い・・・

(ただ、最近は「○○○が映らないテレビ」が爆売れしているのだとか・・・)

 

 

ほんと録画したものを、後で観ながらいらない出演者のコメントを早送りするの

大変なんだから・・・

 

 

【例外】

一つだけ例外があります。それは「突然ですが占〇〇〇〇〇〇〇〇?」です。

MCのMさんとMCPのコメントは結構面白い!(もう一人の男性MCって必要?)

ていうか、この合いの手があることで、より盛り上がっているような気がする。

 

ということで、この番組だけは例外です

 

 

 

ということで、今回は少し趣向を変えて、たわいもないの雑談を語ってみました(´-`*)

 

 

 

 

 

自民党の闇と闘う!【参院選2022】青山繁晴 6月27日(月)街頭演説@JR松戸駅西口



みなさんこんにちは、中今〇ノ丞です。

 

 

只今参院選真っ最中ですが、今回も全国比例に立候補しています青山繁晴

参議院議員の熱い街頭演説をお送りいたします。

政治家にお決まりの選挙カーから、お決りのセリフと名前の連呼なんて

青山議員はいたしません。

 

いつも聴衆の中に入って、大学の講義のように、聴衆に語り掛ける

姿を是非ご覧ください。

途中、学生インターンの大学生も熱く語るシーンも出てきます。

 

 

そうして今回は特に本音中の本音を語っておられます。

 

 

内容は

●なぜ山本五十六閣下は真珠湾攻撃に踏み切ったのか

 

自民党の闇とは

 

●政治家の世襲について

 

が特に聴きどころとなります。

 

是非一度お聴きになってみて下さい。

 

 

ボランティア 尾畠春夫さんの生き様 1

 



みなさんこんにちは、中今〇ノ丞です。

 

当ブログにて過去に幾度か取り上げてきました、ボランティアで有名な

尾畠春夫さん。

 

世間ではいわゆる「スーパーボランティア」として有名ですが、尾畠さん、

実はこの「スーパーボランティア」という言葉がお好きではないようで、

過去に流行語大賞にノミネートされたが、辞退されたという経由を知りました

ので、当ブログでは「ボランティア尾畠春夫さん」で統一して呼ばせてもら

おうと思います。

 

 

さて、その上記の経緯を知ったのが、最近出ました御著書

お天道様は見てる 尾畠春夫のことば」

を読んだからでした。

 

 

ということで、私のいつも得意としている「シリーズ化」を使って、尾畠春夫

さんの御著書

お天道様は見てる 尾畠春夫のことば」

 

から、これは為になる、参考になるな、と思われる箇所をいくつか抜き取って、

なにかみなさんの生き方のヒントになれたらと思い、これから何回かに分けて

ご紹介していきたいと思います。

 

 

みなさんも一緒に、学んでいきましょう。

 

 

 

では、一回目の尾畠さんのことばは

 

「好きなことばは『汗かく』『恥かく』『文字を書く』」

 

『ワシはこの三つの【三かく】という言葉が好きなんですよ。

人間は朝目が覚めたら、汗かくことを一回するといい、ってワシは思っちょる。

体を動かさんで、じっとしてたらすぐ弱る。畑仕事でもジョギングでもボランティア

でも、朝はまず体を思い切り動かすんよ。

 

それから「恥かくこと」。これは人ができないこと、嫌がることでも自分にできる

ことならば、何でもやるんよ。見てる人は、あんなことばっかりしてて恥ずかしい

人だ、と呆れるかもしれんけど・・・ワシは恥だと思ってない。

 

最後に「文字を書く」。「記憶するよりも、記録しろ」っていう言葉あるでしょ?

記憶っていうのは限度があるんよ。

ワシは朝2時、3時に起きて、新聞を1時間かけて読むんだけど、分からない

言葉が出てきたら、すぐ辞書で調べて、それを紙に書いて貼っておくんよ』

 

 

『高齢者こそじっとしとらんで、毎日用事を作って出かけたほうがいいっちゃ。

家でコタツに入ってテレビばかり見ていると、体も頭も弱ってしまうからね。

 

行くところや、やることが思いつかなかったら、一人で散歩してもいいし、

近所のゴミ拾いしてもいい。テレビ見てるよりも外のほうがずっと健康

で刺激があると思うよ』

 

 

〇ノ丞:尾畠さんは「食べた分は汗かいて、消化しなきゃ」とも仰います。

人間どうしても楽したいと思うし、疲れるし、面倒くさいし・・・

せっかく自分の時間なのだから、別に動かなくとも、となりますね。

 

 

でもこれは、やはりそこに「感謝」があるかないか、の違いだろう

と私は思うのです。

つまり、私達人間が生きていくためには、どうしも動植物の命を

頂かなくては生きていけません。

つまりは、必ず動植物の犠牲の上に、人間は生きていくという宿命です。

 

 

ならば、その人間の血となり、肉となってくれた、動植物への感謝

と供養も込めて、何かしらのお返しをしなければと考えると、やはり

尾畠さんのような考えになるのではないか、と思うのです。

 

それは誰か人が見ていようが見ていなかろうが、何か人の役に立つよう

なことをしたり、ゴミを拾ったり、駅や行先で人に優しくしたり、と

何でもいいと思うのです。

 

当然、何かをしようとすれば、人目が気になり、ボランティアやゴミ拾いなど

をするにしても「恥ずかしい」という気持ちがその邪魔をします。

でも、自分の人生は自分が主人公です。

与えられた時間を、人目を気にしていては、もったいないですよね。

 

 

それに、尾畠さんのように御年82歳になられた今でも、毎朝ジョギング

で10キロ走るほどご壮健さを保っておられます(まあ、元々の体の強さ

とかもありますが・・・)。

 

尾畠さんのように年を取ってもストレスなく毎日健康でいられるか、それとも

高齢者になって病気などで苦しむか、は毎日の行動の積み重ねも関係するのでは

ないか、と尾畠さんを見てつくづく思うのです。

 

 

 

 

 

www.nakaimamarunosuke.com

 

 

www.nakaimamarunosuke.com

 

【参院選2022】第一声!青山繁晴 6月22日(水)街頭演説@JR東京駅八重洲口

 

 

みなさんこんにちは、中今〇ノ丞です。

 

 

参議院議員の選挙が始まりましたね。

 

当ブログにてたびたび取り上げている「自由民主党の青山繫晴参議院

の第一声をお届けしたいと思います。

今回、改選を迎えられ、全国比例で2期目を目指しておられます。

他の候補者と比較して聞いてみて下さい。

 

 

 

話しの内容は

 

●日本国産の自前資源・エネルギーについて

メタンプルームの2027年の商用化にむけて

 

ウクライナでロシアのしたこと

 

●消費税減税が必要

 

憲法9条を改正して、拉致被害者を取り戻す

 

自民党の腐った部分を、内側から変える

 

●円安だからといって、利子を上げてはいけない。

そうすると、中小企業の借金が増えてしまう。

先ず消費税を減税すること、少なくとも8%に。

 

●日本の主人公は国民であり、国会議員はその代理人

 

天皇陛下のご存在とは

 

 

 

 

 

こっちの動画は聴衆との対話から始まっています

    ☟

 

 

青山議員の今後の演説の予定です

     ☟ 

都道府県予定】
6月22日(水)東京
6月23日(木)埼玉・東京
6月24日(金)大阪・兵庫
6月25日(土)大阪
6月26日(日)東京
6月27日(月)東京・千葉
6月28日(火)北海道
6月29日(水)滋賀・奈良
6月30日(木)大阪・京都
7月1日(金)静岡・愛知
7月2日(土)神奈川・東京
7月3日(日)兵庫
7月4日(月)大阪
7月5日(火)宮崎・福岡・熊本
7月6日(水)東京・神奈川
7月7日(木)埼玉・新潟
7月8日(金)兵庫
7月9日(土)大阪