中今〇ノ丞の「まあるく生きる」

人生をどう生きたらいいのか、一緒に考えよう

尾張式外社を訪ねて ② 田光神社 後編

みなさんこんにちは、中今〇ノ丞です。

 

「田光神社」後編です。

 

それでは有名な弘法大師お手植えの楠の写真を何枚か掲載いたします。

 

樹齢は千年を超えている大楠 

改修工事の人が映っていますが・・・

直接木に触れる事はできません

 

白龍社の後ろにある龍神

 

 

この道路は神社の北側ですが、総代さんの話しによれば、昔はあの市営住宅の辺りまで

はこの神社じ同じ高さだった。そして大きい池があったとのこと。

 

 

こちらの神社北側には稲荷社が二つありまして、一つは他の所から移したもの

ということでした。(しかしこの神社は巨木が多いです)

 

もう一つの稲荷社。

 

本殿の改修工事の真っ最中。

こちらの御本殿は、元々熱田神宮龍神社のお社をこちらに譲ってもらったもの

だそうです。

 

名古屋市営バスも友情出演・・・

拝殿内に小さなお社がぼんやり見えます

 

 丁度この時は稲荷社、本殿、渡殿の改修工事が始まっていまして、本殿の神様は

拝殿の中にございますこちらの小さな社に遷座されていました。

 

総代さんによれば2月に遷座祭が行われ、20年に一度の伊勢の神宮の遷御の

儀式のように、白い幕で神様が見えないようにして神様に遷御いただく

という儀式をされたと伺いました。(感激もひとしおだったそうです)

 

境内末社

 

総代さんはこちらの神社についてかなり研究をしておられまして、古代のこの近辺の

豪族や遺跡、尾張氏との関係などについて、色々とお話し下さいました。なので

私も9年ほど前から尾張式内社や神社の歴史、古代からの皇室の歴史などに

ついて今まで勉強してきたことを色々とお話しいたしましたら、大変喜んで下さい

まして、結局一時間以上も話が盛り上がって大変良い日と相成りました。

(多分居酒屋とかだったら朝まで話しているでしょう・・・)

 

その他、織田信長桶狭間の戦いのルートや、熱田神宮との位置関係、昔は田光神社

の南側に盛り上がった山みたいな場所があった(宝剣山と言われていましたが)など、話しは尽きませんでした。

 

詳しい由緒書の資料などを後日送りますよ、ということでお別れしました。

 

なお、この神社は大変御神気が強くて、個人的にはすごく好きな神社の

一つです。今までの経験上、古代の豪族が住んでいた地域にはかならず

重要な歴史と祭祀場があり、だいたいその近辺が現在の神社になっています。

 

元々そのような神聖な場所なので、たいがい御神気が強い所が

ほとんどです。また雰囲気も穏やかで、それを肌で感じる気がします。

 

なお専用の駐車場がありませんので、私はいつも近くのコンビニで買い物

をしてから参拝しております。