中今〇ノ丞の「まあるく生きる」

人生をどう生きたらいいのか、一緒に考えよう

最後の宮大工 西岡常一 ❸

 

みなさんこんにちは、中今〇ノ丞です。

 

最後の宮大工と言われた「西岡常一」さんの著書

「宮大工棟梁・西岡常一 口伝の重み」

の3回目です。

 

法隆寺

 

 祖父から大工修行のいろはを叩き 込まれる、まだ若き西岡さん。

その全ては一人前の棟梁にするため。

大事なことは祖父から口伝にて伝えられ、聞き覚えでした。

 

そのやり方は

ー手取り足取りの指導などしないー

ー体で覚える。 優れた仕事を見て、それを盗むー

ー口より先に手ー

 

ー自分で体にしみこませるー

先祖から受け継いできた口伝を、西岡さんは実践していきます。

 

 

さて世間ではなぜわかりやすく教えないのか?その方が効率的ではないか?

と疑問を持つ方もおられるでしょう。

 

なぜ教えないのか?

その理由も西岡さんは語っておられます。

 

「教えたことは忘れる」から。

一見、教えるというと親切だと思うかもしれんが、結局教えられた

ことは身にならない。自分で考えて、苦労して身につけたことは

一生忘れない、と言っておられます。

 

なので、後に西岡棟梁の最後の内弟子となられた小川三夫さん

なんかは、西岡棟梁からカンナで削った薄い切り屑を一枚渡されて、

『「これと同じように削るんや」と言われただけで、後にも先にも

何にも教えてもらったことがない』と言い切っておられます。

 

ー教える方も必死、教わる方も必死ー

 

 

私の個人的な考えとしては、やる気があれば、どんな境遇や環境に

あっても、自分で勉強して道を切り開いていくでしょうし、例え

教えてもらえないとしても、なんとしてでも技術を会得しようと

頑張るでしょう。その表れが「見て盗む」になるのではないかなと

思っています。

 

※ただし、晩年の西岡棟梁は「やっぱり自分の技術を後世に残さんと

あかん」ということで、積極的に若い職人たちに教えていたとか・・・

 

 

今回はここまでです。

次回は、いよいよ核心となる棟梁になるための心がまえについて

書いていきます。

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 (西岡常一さん)