中今〇ノ丞の「まあるく生きる」

人生をどう生きたらいいのか、一緒に考えよう

コロナウィルス感染予防には「ゾーニング」を 

 

f:id:nakaimamarunosuke:20200814213753j:plain

 

みなさんこんにちは、中今〇ノ丞です。

 

約半年前に取り上げた記事です。

この度、緊急事態宣言が解除されますが、解除後にも新型コロナウィルス予防に

ついて、この記事が役に立つのではないかと思い、再掲いたします。

よろしければご覧下さい。

 

 

 

今回は、新型コロナウィルスに有効な感染予防対策の一つである

ゾーニングについて取り上げてみます。

 

日本が世界に比べて、新型コロナウィルスでの重症患者や死亡者の数

の比率が低いので、世界から不思議がられていますが、その要因の一つに

挙げられるのが、この「ゾーニング」にあると考えられます。

 

 

ゾーニングとは?

一定のエリアを非清潔区域と清潔区域に分類することです。

ゾーン=ZONEのことです。

 

この「ゾーニング」具体的には

   ↓

❶ まず玄関で靴を脱ぐ

 

❷ 玄関で服を脱ぐ (ウィルスは自力では動けないので、下着にまで

は侵入できないので、下着まで脱ぐ必要はない)

 

❹ 脱いだ服は、ビニール袋に入れる

 

❸ 下着のままで風呂場へ行き、体を洗う

 

他には、例えば自宅から銭湯に行く場合でも、脱いだ服はビニール袋に入れて

縛り、違うビニール袋に入れた服に着替えて銭湯に行く

 

ここまで厳格にやるのが「ゾーニング」です。

 

 

 ※このように、日本では生活習慣として「玄関で靴を脱ぐ」という行為

自体が、既に感染症予防対策となっており、「ゾーニング」という最も

ウィルスを持ち込まない大事な予防策となっているのです。

世界を見渡しても、日本のように玄関で靴を脱ぐ、という習慣が

ある国は少ないという現実があり、それが重症化や死亡者の増加を

招いている一つの要因であるとも思われます。

 

そもそも、ウィルス自体は自分で動くことができません。なので例えば

人の口から出る飛沫というのは、水分なので全て下に落ちます。

その下に落ちたウィルスを靴に一杯くっ付けた状態で、外国では家に上がり、

ベットの上まで持っていく。

この時点で感染予防としてはかなりマズイことになっていることは、誰が

みても明らかですよね。

 

 

 

●要はウィルスを一定のところに閉じ込めることが大切

 

企業においても、感染者数が多い現状では、できるだけ通勤での出社を

しないやり方が望ましいのですが、それができない場合はこの「ゾーニング

を活用して、まず会社の入り口で、

 

必ず靴を脱ぐようにする

   ↓

上記と同じく、玄関で着替えて、

   ↓↓

シャワーを浴びる (流水でウィルスは流れてしまう)

 

といった方法が考えられます。

 

 

∴ 現在、新型コロナウィルスの影響により経済活動は冷え切ってしまって

いますが、この「ゾーニング」と「リモートワーク」などを利用しながら

経済活動を進めていき、うまくコロナウィルスと共存できるようにする

必要があると思います。

 

 

 

〇 他にも感染予防対策として、厳密には

 手洗いに関しても、できれば爪の中も、例えば古い歯ブラシ等を使って洗う

ことも、より効果があるとのことです。

 

 

 

一番最初の天皇 神武天皇  ⑧

  

f:id:nakaimamarunosuke:20201108095732j:plain

 (出典:国史絵画)

 

みなさんこんにちは、中今〇ノ丞です。

 

神武天皇が故郷の日向を出発して、近畿地方の大和にて最初の天皇

として即位するまでの物語の8回目です。

 

 

 <前回の続きから> 

古事記より

 《また其の国より上り幸(い)でまして、阿岐国(あきのくに)の

多祁理宮(たけりのみや)に七年坐(いま)す》

 

一方日本書紀の記述は

安芸国に至り埃宮(えのみや)に居(ま)します》

 

周防灘(すおうなだ)に出て、阿岐国(あきのくに・現在の広島)に上陸

しました。里の人々は、竹をきり仮宮をつくっておまちしていました。

この宮を多邪理宮(たぎりのみや)と里の人々はよんでいました。

 

この多祁理宮と埃宮は同一で、現在の多家神社(たけじんじゃ・広島県府中町

と伝えられる。

 

 

 多家神社 埃宮(えのみや)

f:id:nakaimamarunosuke:20210227213312p:plain

(写真は多家神社HPよりお借りしました)

 

詳しくはこちらからどうぞ

        

www.takejinja.net

 

f:id:nakaimamarunosuke:20201108100057j:plain

(出典:「歴史人」より」

 

 

 

www.nakaimamarunosuke.com

 

 

www.nakaimamarunosuke.com

 

 

 

中国、韓国による国土の侵蝕に、ようやく史上初めての一手(自民党参議院議員青山繁晴ブログより)

 

みなさんこんにちは、中今〇ノ丞です。

 

自由民主党青山繁晴参議院議員のブログからの転載です。

 

日頃マスコミが遠慮してほとんど報じられていない日本の国土が浸蝕されて

いるという現実について、自民党の国防議連で勉強会が開かれた様子を交えて、

青山参議院議員が赤裸々に綴っておられます。

皆さんも、この機会に一緒に考えてみましょう。

 

 

 

 

 

 自衛隊の元陸将に、「尖閣諸島を護り抜くには何をすべきか」について質問しています

▼きのう2月25日木曜も、国会内で、国防議員連盟の勉強会が開かれ、西部方面総監を務められた退役将軍が登場されました。
 中国が海警法を施行したあとの陸上自衛隊からみた尖閣防衛の現実について話されました。
 覚悟を込めた熱いお話しであると同時に、ショッキングなお話しでもありました。
 ・・・うーむ。これは、あらためてお話しします。

▼海警法による尖閣諸島南シナ海の支配への野望、武漢熱による日本で約8千人、世界で約250万人の命を奪うこと、ファーウエイをはじめ中国共産党のコントロールする企業による情報窃取、孔子学院による巧妙な文化侵略、ウイグル人チベット人、モンゴル人に対する人類史上最悪の民族抹殺の大蛮行、香港の自由の圧殺、日本の天皇陛下のご存在を含む諸国の伝統の破壊工作、日本人や諸国の人々にカネを渡してのネット工作・・・書き切れません。

 中国共産党の独裁下の中国、特に習近平国家主席が終身独裁者を目指し始めてからの中国が、日本と世界にもたらしている厄災は、目も耳も疑うばかりと言わざるを得ません。

▼その重大なひとつが、中国による日本の国土の侵蝕です。
 中国の属国と化しつつある韓国とともに、わたしたちの国土が侵されて久しいです。

 護る会 ( 日本の尊厳と国益を護る会 ) も3本柱の課題のひとつに、この中韓による国土侵蝕の阻止、国土の回復を掲げています。

 それにようやく歯止めを掛けようとする法案が、部会の法案審査にかけられました。
 ゆうべにアップした新しい放送、新動画の「青山繁晴チャンネル☆ぼくらの国会」の第112回で、それを分かりやすさを心がけてお話ししています。
 ここです。

 みなさん、お忙しいでしょうが、どうしてもご覧いただきたいです。

 

 

 

 

 

www.nakaimamarunosuke.com

 

 

www.nakaimamarunosuke.com

 

映画「めぐみへの誓い」

 

f:id:nakaimamarunosuke:20210220195821j:plain

 

みなさんこんにちは、中今〇ノ丞です。

 

 拉致被害者横田めぐみさんの事を映画化されたというニュースです。

クラウドファンディングによって映画の製作費を集められたということです。

 

 

 

横田めぐみさんが拉致されてから43年
初の映画化が民間支援で実現! 

『真実と人間愛で作られた、心を揺さぶるエンターティメントの力』

   

拉致被害者を見殺しにしない。何が何でも助け出す!」との思いを持った多くの同志の皆さんのご支援、思いが結集し、映画が完成しました。本当に有難うございます。来年令和32月劇場公開へ向け準備を進めて行きます。「映画の力で、北朝鮮拉致事件を知らない人や関心がない人、既に諦めてしまっている人々の心を揺り動かし、被害者奪還への行動を起こす。この映画の唯一の目的は、拉致の風化防止ではなく、被害者の奪還です。
 映画の上映、海外への発信へ、まだまだご支援参加を頂いています。
ご希望される方はエンドロールにお名前を明記させて頂きます。(12000円以上ご参加の皆さま)劇場公開は令和21220日までにご支援参加頂いた方までとさせて頂きます。詳細は「ご支援参加」のコーナーをご覧ください。
更なるお声掛けご協力お願い致します!
合わせて、上映して頂ける劇場も大募集中です!
低予算映画故、完成後でないと上映交渉が出来ませんでした。作品としてはOKでも、拉致問題の応援は出来ないと上映を断られることもありました。これも我々が壊す壁の一つです。

 

 

詳しくはこちらからどうぞ ☟

 

www.megumi-movie.net

 

 

 

www.nakaimamarunosuke.com

 

 

www.nakaimamarunosuke.com

 

 

www.nakaimamarunosuke.com

 

プロローグ

― Prologue 

~映画制作への思い~

【忘れ去られようとしている北朝鮮拉致被害者】

 
北朝鮮拉致被害者ってまだ帰って来てないの?」
「もう無理じゃないの。」
 ご存知の様に5人の拉致被害者が帰国してからもう18年の歳月が流れましたが、その後、一人の被害者も取り返すことが出来ていません。横田めぐみさんは拉致をされて今年で43年です。我々は全国の同志と今までに全国各地の活動で既に1300万筆を超える署名を頂いています。拉致被害者救出の為の署名は名前のみでなく住所まで書いて頂く必要があるものです。それでも被害者を取り返すことが出来ない。アメリカ始め諸外国との関係頼りで、被害者を取り返すことは難しいと皆が思い始めています。 
 

【原案は政府拉致対策演劇、そして何故映画なのか】

 
そんな中、年から舞台劇「めぐみへの誓いー奪還―」(脚本・演出野伏翔)が全国各地で上演が行われました。この舞台劇は2010年から二度に亘る劇団夜想会の自主公演として発足。2014年から現在から内閣府拉致対策本部の主催公演となり入場無料で全国各地で公演を行っています。(全国36か所で公演。) お演劇の内容は、横田めぐみさんや田口八重子さんの北朝鮮での生活を中心に描き、過酷な独裁体制の中で常に権力の監視下に置かれ、恐怖とギリギリの背中合わせに生きながら、日本からの救出を今か今かと待ちわびる拉致被害者たちの現実と、そのご家族の愛の闘いを描いています。拉致被害者奪還に演劇?と思うかも知れません。が、現実は違います。講演や集会では伝わらない思いが駅劇では伝わります。家族が可哀そうとか、そんな酷いことがとか感じるのではなく、北朝鮮で戦い我々の助けを待っている被害者の方々に思いが馳せます。集会には来ない方々が劇場には足を運びます。「この演劇を映画化することでもっと多くの方々の心を動かせば、何かが変わるかも知れない。」それが我々製作委員会メンバーの思いです。
 

【何故民間でお金を集めてつくるのか】

 
 日本では、国のお金で作った映画は一般映画館では公開できません。民間資金で映画化することで、様々な劇場で上映可能になります。そして多くの方々からの善意と決意の支援そのものが大きなメッセージになるんです。
 一人でも多くの方々の支援者のお名前をエンドロールで流すこと。このことも大切な目的の一つです。
 

拉致被害者は800人以上】

 
 政府認定の拉致被害者は17名(政府拉致対策本部HP)ですが、日本の警察が「北朝鮮に拉致された可能性がある」と公表している数は約882名(2019年6月18日現在。警察庁HPで公表されてます)です。こんなにひどく残酷な事件にも関わらず十分な報道がなされていないのが現状です。
 あの衝撃的な拉致被害者5人が帰国し飛行機のタラップを降りてくる映像も今の子供たちは知りません。20歳の成人でも当時はまだ3歳で記憶すらありません。署名等の街頭活動をしていても年々、その反応は薄れて来ています。
 署名や街頭活動で本当に被害者を取り返せるのか?でも何もせずこのまま拉致被害者たちを見殺しにする訳には行かない!歯がゆい思いで活動していたそんな中、演劇の持つ力に気が付きました。政府も同じ思いだったのだと思います。
 でも残念なことに、演劇という手段では見て頂ける人の数に限りがあります。これまでに全国36か所で上演しましたが、観客の総数は4万に達していません。
北朝鮮から拉致被害者全員を取り返えす!」為にはもっともっと多くの方々の心を動かす必要があり、それが映画でした。
 

【日本では今まで誰も映画を作らなかった】

 
 日本人の手でこの拉致問題を扱った国内向けのテレビドラマは何本かは製作されていますが、世界各国で上映される事が可能な「映画」というものは一本も存在しません。13歳の少女、横田めぐみさんが拉致されて今年で43年です。
 この世界的に見ても深刻な人権問題であり国家犯罪であるにも関わらず。同じ北朝鮮により自国民を殺されたアメリカはすぐに映画化として国際世論に訴えている重大な出来事を、今の日本映画界では、たった一本も製作できない。いや、しない。それが現状です。 であれば多くの方々と一緒に自分たちで作ろう!との思いです。
 
「見殺しにはしない。出来ることは何でもやる!」
 
北朝鮮による拉致問題は現在進行形の誘拐監禁事件です。
被害者の方々は今現在も必死に戦い耐えながら我々の助けを待っています。その現実から目を背けてはならないと思います。
 
東日本大震災の時、私は秋田にいました。一日半後に停電が復旧しテレビで見た被災地の映像は衝撃的でした。入ってくる情報に耳を疑いました。秋田は幸い直接被害はありませんでしたが、まともに生活できる環境にはなく全く先の見えない状況でした。被災地のことを考えると、秋田になんか誰も構っていられない。物資もお金もそのうち無くなる、陸の孤島になる。そんな空気でした。
 
でも、それでも、多くの人々が水や食料、衣服、ガソリンまで持って被災地に向かいました。現地に行けない人は寄付をしたり節電をしたり「被災地被災者の為に、今、自分に何が出来るか」を必死に考え行動していました。恐らく全国民がそうであったと思います。
 
私は北朝鮮による拉致に対して、皆があの時の気持ちを少しでも持てば、被災地より酷い状況下で何十年も耐えて戦っている被害者のことをもっと身近に感じられれば、拉致被害者を助け出すことが出来ると思います。
全世界の少しでも多くの方々の魂に共感の輪拡げたい。その為の映画です。
 
「自分は、赤の他人のために命を懸けるほど立派な人間じゃないが、目の前で助けを求める人を、見て見ぬふりするほど、まだ腐っちゃいない。これは、まぎれもなく、暴力を持たぬ我らの『北朝鮮拉致被害者奪還作戦』だ!」
 これは製作委員会メンバーの言葉ですが、皆、同じ思いです。
 
横田ご夫妻も他の家族の方々も普通の方々です。本来であれば、日本銀行を退職して悠々自適に孫とゆっくりとした時間を過ごしてた普通のお爺さんお婆さんだった筈です。私たちと変わらない普通の日本人なんです。出来る事ならほんの少しでもそんな時間を取り戻して欲しい。
 
この呼びかけに同じ思いの方々が支援参加してくれて、映画が完成しました。
でも、これからスタートです。唯一の目的は拉致被害者の奪還です。被害者の方々は今も日本を信じて北朝鮮で戦っています。我々の助けを待っています。
「絶対に見殺しにしない。何が何でも助け出す!」この一念で進める所存です。

 

久々におみくじ引いてみた。そして、ちょこっと春ですね

f:id:nakaimamarunosuke:20210220155113j:plain

(こちらは熱田神宮の梅)

 

みなさんこんにちは、中今〇ノ丞です。

 

先日、とある神社にて御祈祷をしてもらいに行ったついでに、

 

「久々におみくじ引いてみようかな」

 

と思い立ちました。

 

 

その結果がこちら  

 

 

 

f:id:nakaimamarunosuke:20210220154821j:plain

 

 

実は数年前より、私の仕事上の事である神社で祈りをしていました。

内容はまた改めて記事にしたいと思いますが、なかなかうまくいかなかった

事案がうまくいき、そのことの報告とお礼をかねての御祈祷をしに行きました。

 

日頃、尾張式内社全123座を巡り、他の神社も数多く参拝してはいますが、

その時におみくじを引こうという気はあまり起きません。

(というか、そもそも『おみくじ自体が神社にない』とかだったり、

もう神社の神域に入っただけで心が満足してしまって、それ以上の事は

別段欲しくなくなる、とかいうのもあって)

 

ただ、たまに自分のいま考えている事や方向性などが正しいのか、それとも

間違っているのかを確認したいと思ったので、引いてみました。

 

さて上記のおみくじに書いてある「神の教え」の内容ですが、

私の心にピッタリとくるものでした。

 

つまり、自分の欲で行動すると、結果としてどんなことでもあまり自分の

納得できるものにならない、ということです。

自分の器というものを無視して、欲で突っ走っていっても、例え結果がある程度

出たとしても、結局は周りの人を犠牲にしてのことだったり、自分一人だけの

利益だったりするのです。

 

そうではなくて、「世の為、人の為に尽くして徳を積め」ということです。

それも、できうれば「徳を積む」というため、という思いすらなくなって

行動できるようになれば、本物だと思っています。

 

人間は、日頃の生活の中で、無意識に「計算」をしてしまいますね。

 

「これをすれば後で良いことがある」

「こうしておけば、後々良いことが還ってくる」

 

もちろん、その通りだし、善い行い自体称賛されるべき事です。

 

でも

 

その思いすら無くなってしまえば、心はもっとのびやかに、自由に

空に羽ばたいていけると思うのです。

 

 

とまあ、自分の感覚的なものの書き方をしてしまいましたが、以上のことで

たまにおみくじを引いて、自分を客観的に見つめることも、たまには

必要だと思っています。

 

 

 

さて、気になるのはお決まりの吉数ですが、結果はこちらで・・・

         ☟

 

 

f:id:nakaimamarunosuke:20210220154925j:plain

 

 

正直、出る吉数はあまり気にしないのですが、ブログ的には

 

「大吉」か「大凶

 

あたりが出てくれると嬉しかったかなあ・・・

(笑いが獲れるので)

 

まあ、上記の通り「吉」ということで、今年も無難なブログ運営を

していくということにしましょうかねぇ・・・

 

 

 

おまけ

 

 

その日に、掛け持ちで寄った熱田神宮での「春」を愛(め)でてきました。

f:id:nakaimamarunosuke:20210220171654j:plain

 

春が待ち遠しいですね🌸

 

 

※また来年も「おみくじ」シリーズの記事を載せてみたいと思います(*'▽')

(来年も地味な末吉とかだったりして・・・)

 

 

硫黄島からの手紙

 

みなさんこんにちは、中今〇ノ丞です。

 

いまから76年前の2月19日から3月26日までの36日間、日本の領土である

硫黄島(正確には「いおうとう」と読む)で、日米の戦いが行われました。

 

(写真はwikipediaよりお借りしました)

 

 

 

アメリカの有名な俳優・監督であるクリントイーストウッドが、日本サイドの

視点で作ったのがこの「硫黄島からの手紙」という作品です。

(後に、アメリカの視点で作った映画が「父親たちの星条旗」)

 

 

この硫黄島の戦いについて、日本国民がほとんど忘れ去っていた内容を

改めて知らしめたものが、皮肉にも対戦国であったアメリカ人が作った

この映画です。

 

 

私は戦争を美化しようとは思ってはいません。

この硫黄島の戦いについて事実をただ記したい、というのが今回の動機です。

 

 

これについて、一番正確に事実を記している書籍として、自由民主党参議院議員

青山繁晴さんの著書「いま救国ー超経済外交の経済力」から、その時の状況を

幾つか抜粋してみましょう。

 

 

P126

硫黄島は、グアムやサイパンといったマリアナ諸島と東京の、ちょうど

中間にある。

米軍は、マリアナ諸島から日本全土を爆撃する中継地にすると決めた。

硫黄島を活用すれば、より多くの爆弾で、より多くの日本の民間人を

殺せる。

だから米軍は、硫黄島の攻防戦の真っ最中に、野に斃(たお)れた日本兵

の亡骸、あるいは地下壕に立て籠もる生きた日本兵の上にそのままコンクリ

ートを流し込んで滑走路を造った。一日も早く、爆撃機の離着陸を始める

ためである」

 

栗林忠道(くりばやしただみち)中将の率いる日本軍は、全長18キロ

もの地下壕を、狭い島に張り巡らせた。

米軍はブルドーザーで壕を潰し、隙間から火炎を吹き込んで日本兵

焼き尽くした。その壕を掘り起こすことはしないまま、戦後日本の自衛隊機、

海上保安庁機が離着陸してきたのである」

 

「わたし(青山さん)は壕を這いつくばって進み、火炎放射器に黒く焼かれた

地中の天井を触り、遺された兵の地下足袋や無線機を調べながら、硫黄島の真実

を『戦争は悲惨だ』『平和は尊い』と語るだけでは足りないのだと、それが

胸に迫った」

 

「平和を語るだけなら、戦後の日本も続けてきた。

島の日本兵は、大半がサラリーマンやタバコ屋さんといった、ふつうの

日本国民だ。それが何のために、逃れようのない死を知りつつ土中で

戦ったか。

自分のために戦った兵は一人もいない。

『本土空襲を一日でも遅らせたい』、その一心であったから、指揮官の

栗林中将は、自決もバンザイ突撃も禁じ、5日で終わるとされた戦いを

36日間ももちこたえて全滅した。

それは『本土で空襲を逃れて生き延びる日本国民が、その子々孫々と

ともに新しい日本を造ってくれる』という祈りでもあった」

 

 

 

 

2月19日には、硫黄島の戦いで戦士された英霊の方々に、今一度

感謝を捧げ、安らかに眠られるよう一国民として祈りを捧げたいと

思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

伊勢の神宮 「祈年祭」2月17日

 

f:id:nakaimamarunosuke:20210131103807j:plain

 

みなさんこんにちは、中今〇ノ丞です。

 

今回は伊勢の神宮の大祭「祈年祭」を取り上げてみます。

 

 

 

伊勢神宮HPより》

春には祈年祭で豊作を祈り、
秋には新嘗祭で収穫に感謝

日本書紀』に天照大御神斎庭の稲穂を天孫瓊瓊杵尊に授けられたことが記され、そこに日本の始まりが位置づけられることは大きな意味を持ちます。春に豊作を祈り、秋の収穫に感謝する稲作を中心とした営みを、日本人は2000年以上繰り返して来ました。天皇陛下から国民に至るまで神を祀ることは日本の大切な文化です。

 

 

 

祈年祭の由緒と沿革

祈年祭は春の耕作始めにあたり、五穀豊穣を祈るお祭りで、「としごいのまつり」とも呼ばれます。「とし」とは稲の美称であり、「こい」は祈りや願いで、お米を始めとする五穀の豊かな稔りを祈ることを意味します。稲の育成周期が日本人の一年といえます。

農耕が生活の中心であった時代、豊作を祈ることは国家の安泰、国民の繁栄を祈ることに他なりませんでした。そのため祈年祭は国家規模で執り行われ、奈良時代の『延喜神名式』によると、神宮を始め全国2,861社の神々に幣帛が奉られていました。特に神宮には天皇勅使を差遣されてお祭りを行われており、朝廷の崇敬のほどが窺われます。

伊勢神宮HPより)

 

こちらは数年前の、しかも別宮の荒祭宮における祈年祭の様子です。

内宮の正宮では神事の様子を見ることができませんが、荒祭宮では拝見することが

できます。

神宮の神事では「八度拝」といって、立って座っての拝礼が八回行われる

という、日本の最高神天照大神を祭る伊勢の神宮で行われる作法が

みられます。

 

 

こちらの祈年祭と、秋に行われる新嘗祭は対になっていて、全国どこの

神社でもこれにならってお祭りが執り行われています。

つまりは稲作の周期に合わせている、ともいえるかもしれません。

 

最高神天照大神から天孫瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)に手渡された

稲穂の神話にあるように、この命を育むために大切な米を古(いにしえ)

の時代から神に捧げ、豊作と感謝の祈りを捧げてきたのが我々日本人であり、

私達のDNAにもそれがしっかりと刻まれているのではないかとも思います。

 

 

ご参考までにこちらの動画もどうぞ 

(出典:伊勢神宮公式チャンネルより)