中今〇ノ丞の「まあるく生きる」

人生をどう生きたらいいのか、一緒に考えよう

一つのスター 一つのPVをたいせつに

f:id:nakaimamarunosuke:20200603184418j:plain

 

みなさんこんにちは、中今〇ノ丞です。

 

ブログを始めて、はや8カ月が経ちます。

 

ゼロから始めたブログ運営。

 

少しずつ読者になってくれる人も増えてきて、自分としては

ようやく自分のブログが「はてな」の中で受け入れられてきたのかなあと、

まずは一安心しています(または居場所ができたというか)。

 

ブロガーさんの中には何千という読者数の方や、フォロワー数が何万

とかいう桁違いのレベルの方もいて、まさに上には上がいる、この

ブログの世界。

 

私が知っているブログを書いておられる方の中には、何百というコメント

がきて、それを自分の睡眠時間を削ったり、またはちょっとした空き時間を

使って全て読んでいる、という方がおられます。

 

これ以上の誠意はないよなあ、と思いました。

 

私もこれを見習って、少ないながらも一つのスター、一つのPVを大切に

したい、感謝の想いを忘れずにいたい、そう思いました。

 

いつしか、はてなスターやPVに対して勘違いして不満をもったり、

あるいは勘違いして天狗になったりしたら、また上記のような

想いに立ち返り、足元を見て進んでいこう、そう思いました。

(まあ、一度勘違いするほどの状況を体験してみたい、という

よこしまな気持ちもなきにしもあらずですが・・・)

 

 

これからも、できるだけ色々なブロガーさん達と交流して、

色々な想いを共有できたらと思います。

共に登っていく、そしてつながりをどこまでも広げていけたなら・・・

 

 

みなさん、これからも私の拙いブログをよろしくお願いいたします(^-^)

 

 

 

 

5月30日の日輪

f:id:nakaimamarunosuke:20200602205946j:plain

 

みなさんこんにちは、中今〇ノ丞です。

 

今回は、先日土曜日の昼に出ていた日輪の写真です。

 

外に出たら、綺麗な日輪が出ていたので、慌ててキャメラ(デジカメ)を

取りに戻りまして・・・

 

f:id:nakaimamarunosuke:20200602210025j:plain

f:id:nakaimamarunosuke:20200602210110j:plain

 

f:id:nakaimamarunosuke:20200602210310j:plain

f:id:nakaimamarunosuke:20200602210343j:plain

f:id:nakaimamarunosuke:20200602210419j:plain

 

30分くらいで消えてしまいました。 

 

しばらくボーッと見とれておりました。

 

今日はこれだけです。自然てすごいなあ・・・

 

 

 

三種の神器(さんしゅのじんぎ)とは? ❷

 

f:id:nakaimamarunosuke:20200530094446j:plain

 

みなさんこんにちは、中今〇ノ丞です。

 

今回も「三種の神器」続きです。 

(写真はwikipediaより)

 

三種の神器」とは、天皇家に代々伝わる宝物で、鏡・剣・勾玉(まがたま)の

ことです。正式にはそれぞれ

鏡は「八咫鏡」(やたのかがみ)

剣は「草薙剣」(くさなぎのつるぎ)※天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)

ともいう

勾玉「八尺瓊勾玉」(やさかにのまがたま)

 と名付けられています。

 

 

では三種の神器の由来についてみていきましょう。

古事記」『日本書紀」によれば、神代の時代、高天原(たかまがはら)で

天照大神が天岩屋(あまのいわや)にこもってしまったときに作られたのが、

八咫鏡八尺瓊勾玉です。この二つは地上ではなく、神々が住む高天原

作られました。(通称 「天の岩戸開き」の話)

 

残りの草薙剣は、地上で須佐之男命(すさのおのみこと)が八岐大蛇(やま

たのおろち)を退治した時に、その尾から現れたのが草薙剣です。

 

その須佐之男命が高天原天照大神草薙剣を渡したことにより、三種の神器

天照大神のもとに集まりました。

 

その三種の神器は、天照大神から孫に当たる瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)に

授けられ、瓊瓊杵尊が地上に天孫降臨することで、高天原から地上にもた

らされたのです。(詳しくは下記の記事も参照下さい)

 

www.nakaimamarunosuke.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

城所ケイジさんのブログから

 

みなさんこんにちは、中今〇ノ丞です。

 

今回もチェンソーアート世界チャンピオン・城所ケイジさん

による龍神像の記事を見つけましたので転載いたします。

 

 

 

「高原熊野神社 台風にようる倒神木 彫刻 龍神像」

2018年12月1日

 

2018年12月01日 | 最新作品紹介









関連投稿ページはこちらです。

 

  

高原熊野神社 倒神木 彫刻 龍神像

2018年12月01日 | 神社仏閣特別彫刻
高原熊野神社 倒神木 彫刻 龍神
久し振りに神社の彫刻です。場所は和歌山県田辺市中辺路町高原(たかはら)
高原熊野神社です。岩見宮司様から直接連絡をいただき、台風で倒れた木(タブノキ)を見せていただき、このたび彫刻をさせていただく御神縁が結ばれました。彫刻期間は平成30年(2018年)11月27日 火曜日からできるまでということでしたが、30日 金曜日には塗装仕上げまでさせていただきました。
高原は神々が降臨された土地としての伝説が残る地、聖地としての風格があります。たいへん美しい郷です。この龍神像は神社社務所内に鎮座される予定です。

高原熊野神社には1000年近い樹齢の大木が生きている。真に神々を感じることができる。


台風で倒れた樹齢250年を越えるタブノキ(犬楠)














eo光テレビの取材で、やのぱんさんがレポーターで来てくれました。




取材は他にもNHKさん、紀伊民報さんなどがしてくれました。










朝のタカハラは本物の白龍さんを見られます。




完成したタカハラの龍神様。天界から下界を見守っている姿です。


宮司さん、総代さんと。シャッターは紀伊民報の牧さんが押してくれています。


関係者で記念撮影


ありがとうございました。



チェンソーアート・ジャパンの神社仏閣特別彫刻はこちらをご覧ください。


龍の作品集はこちらをご覧ください。



 

伊勢の神宮 大祓 (おおはらい)

 

みなさんこんにちは、中今〇ノ丞です。

 

今回は5月31日に行われます

 

「大祓」(おおはらい)についてのご紹介です。

 

 

(神宮HPより)

5月31日(日) 午後4時

6月の月次祭に先立ち、大宮司以下の神職・楽師を祓い清める儀式です。

(6月末の大祓とはまた別。6月と12月に行われる大祓は神宮職員全てが対象)

 

 

 こちらは年末の大祓ですが、参考にご覧ください ↓↓↓

 

流麗な所作に、見とれてしまいます。

ブッタの「真理のことば」から学ぶ ❹

f:id:nakaimamarunosuke:20200524205335j:plain

 

みなさんこんにちは、中今〇ノ丞です。

 

ブッタの「真理のことば」から学んでみたいと思います。

 

253

「他人の過失を探し求め、つねに怒りたける人は、

煩悩の汚れが増大する。かれは煩悩の汚れの消滅

から遠く隔たっている」

 

 

:最近多くないですかね、こういう人間

 

 

245

「恥を知り、常に清きをもとめ、執着をはなれ、

つつしみ深く、真理を見て清く暮らす者は、

生活し難い」

 

 

難しくとも、こうありたいですね・・・

 

 

 

 

 

松下幸之助 「道をひらく」 2 サービスする心

 

みなさんこんにちは、中今〇ノ丞です。

 

今回も、松下幸之助さんの

「道をひらく」

から学んでみたいと思います。

 f:id:nakaimamarunosuke:20200517193941j:plain

 

 

 「サービスする心」

 

ー与え与えられるのが、この世の理法である。即ち、自分の持てるものを

他に与えることによって、それにふさわしいものを他から受けるので

ある。これで世の中は成り立っているー

 

ーだから、多く受けたいと思えば多く与えればよいのであって、充分に

与えもしないで、多く受けたいと思うのが、虫のいい考えというもの

であるー

 

 

:この文章の中には書いてありませんが、「人の想い・気持ち」と

いうものが、結局世の中を動かしているものだと私は考えています。

相手が笑顔になってくれる・喜んでくれる、そう心に思い描きながら

贈り物をしたり、何か手伝ったりする。今度は逆に、もし自分が何か

プレゼントをもらったり、助けてもらったりしたら、「どう恩返し

をしようか?」と考えながら、してもらった相手のことを想い、

行動する。

最初は下心があってもいいのではないかな、と思います。

でも、それを繰り返していくうちに、そんなことはどこかに飛んで

いってしまい、ただただ、感謝と恩返しの循環のその繰り返しが、

いつの間にか心地良いものへと変わっていく。

それでいいのではないかと・・・

 

 

(途中略)

 

ー自分の持っているもので、世の中の人々に精一杯のサービスをする

ことであるー

 

ーどんな人にでも、探し出してくれば、その人だけに与えられている

尊い天分というものがある。その天分で、世の中にサービスすれば

よいのであるー

 

 

:人には分度が定まっている、と二宮尊徳さんも仰っています。

他と比べず、自分の分度・力量を見定め、自分のできる範囲の

ことを精一杯する。

自分にないものを、他の人が持っていれば、任せればいい。

 

肩の力も抜けて、心も楽になるのではないでしょうか。