中今〇ノ丞の「まあるく生きる」

人生をどう生きたらいいのか、一緒に考えよう

チェンソーアート元世界チャンピオンの城所ケイジさんが、テレビ「ナゼそこに」に出演されていました

 

みなさんこんにちは、中今〇ノ丞です。

 

たびたびこのブログにて龍神像の記事でご紹介しています、チェンソーアート

元世界チャンピオンの城所ケイジさんが、4月8日放送のテレビ

「あなたより秘境に住む人知りませんかSP」

に出演されていました。

記事にするのがだいぶ遅れましたが、その時の城所ケイジさんのブログの記事を

ご覧下さい。

 

 

 

取材された番組放送 テレビ東京 ナゼそこ?

2021年04月20日 | メディアクリップ

2021年(令和3年)4月8日 木曜日放送


 
0
 
0
 
0
 

 

中国警戒、経済安保強化を提言へ 自民「日本の尊厳と国益を護る会」(夕刊フジZAKZAK記事より)

 

みなさんこんにちは、中今〇ノ丞です。

 

夕刊フジZAKZAK記事より、5月8日の記事からの転載です。

 

自由民主党の有志グループ「日本の尊厳を国益を護る会」が5月7日総会を開き、

対中国の日本による経済安全保障の議論が活発に行われた、という記事です。

議論内容を各項目別に、私〇ノ丞が簡単に解説してみましょう。

 

 

① 国内半導体の再興

近頃では東芝の買収問題など、海外の企業に買収されることで、せっかく培った

日本の根幹ともいえる半導体技術を易々と取られてしまうことを防ぐ。

 

②NSS経済班や内閣情報調査室などの連携強化による情報収集・分析・戦略立案の能力向上

いわゆるインテリジェンス活動を強化し、中国による莫大な資金を投じた日本

国内の工作活動で技術が盗まれるのを防ぐ、等が目的。世界の先進国では、常識

とされるが、日本にはスパイ防止法がないため、日本はスパイ天国と言われてい

ます。

日本の技術が盗まれてそれが軍事に転用されたりするそも防がなくてはいけません。

 

③機微技術や個人情報を扱う大学や企業が外国から出資を受ける際のルール強化

これは、日本人でも裏では中国企業やその個人と繋がっている人物がいるので、

もっとそのルールを強化するといういうことでしょう。

政治家でも親中派と言われる議員がいて、日本よりも中国・韓国などの国に有利に

なるよう働きかけている議員もいて、例えば献金なども表向きは日本人に見せかけて、裏では中国と繋がっていたりするので、そういったことは国民にはわかりずらい。

なので、規制が必要なのです。

日中友好といっても、中国は独裁国家憲法の上に共産党が位置している。

中国は憲法9条を採択していないし、そもそも日本の民主主義の考え方とは

まるで違うのを理解しなければいけません。

ミサイルを日本に向けている国家に、対話だけでは通じません。それが国際常識

です。

 

サプライチェーン国産化と中国依存脱却

今回のコロナウィルスでも明らかなように、中国に依存していると国内の

生産はストップするし、空洞化してしまう。

 

 

以上、これらの提言は中国の人権や国際ルールを無視する暴走をとめ、日本の産業を

守り、ひいてはアジアの平和と安定を築くために、日本が率先して示していかなければならないし、そのためにどうしても必要なことなのです。

政・財・官に深く浸透している「中国礼賛」、まるで中国をご主人様のように扱い、

おべんちゃらを言い、追随しようとする考えは根深いものがあります。

まだ独立国家として体を為さないのが、今の日本の実態。

 

政治を政治家に丸投げして任せておくのではなく、主権者である国民一人一人

が関心を持ち、自分の家族や愛する人を護るためにこそ、憲法を改正する必要が

あるということを、知らなければないないと思います。

 

 

 

 自民党保守系グループ「日本の尊厳と国益を護(まも)る会」(代表・青山繁晴参院議員)は7日、国会内で総会を開き、政府に対し、経済安全保障体制を強化するよう求める提言をめぐって議論した。中国に対する警戒が背景にあり、国家安全保障局(NSS)経済班といった経済安保の専門部署の充実強化などが柱となる。

 執行部は、(1)日の丸半導体の再興(2)NSS経済班や内閣情報調査室などの連携強化による情報収集・分析・戦略立案の能力向上(3)機微技術や個人情報を扱う大学や企業が外国から出資を受ける際のルール強化(4)サプライチェーン国産化と中国依存脱却(5)対共産圏輸出統制委員会(ココム)の中国版の創設検討-などを提案。異論はなかった。

 出席者からは、軍事科学研究に反対してきた日本学術会議を挙げ、「役に立たない。仮称・安全保障科学技術会議を新たに作るべきだ」との意見もあった。

ジャッキー・エヴァンコが歌う「Can You Feel You The Love Tonight」(映画ライオンキングより)

 

f:id:nakaimamarunosuke:20210508234913j:plain

(神々しい夕焼けの空)

 

 みなさんこんにちは、中今〇ノ丞です。

 

今回は以前にもご紹介いたしました、ジャッキーエヴァンコが歌います

「Can You Feel You The Love Tonight」

の動画を見つけましたので載せておきます。

 

この曲はディズニー映画「ライオンキング」の楽曲で、原曲はエルトン・ジョンが作っています。ディズニーに詳しい方ならよくご存知でしょう。

 

言うまでもないですが、ジャッキーの歌を聴いていると、その映画のワンシーンや

画(え)が浮かんできて、歌の中にしっかりとドラマを感じさせてくれます。

私はこの曲を聴いていると、自分の心がジャッキーの歌に乗って、ふんわり空へ

飛んでいくかような感じになります(ちと大袈裟かな・・・)。

 

よろしければ、一度ご覧になって下さい。

 

 

 

 

(歌詞の和訳を「ふうでごう」さんのサイト『風を感じて一人あるき』より引用しました)

Can You Feel the Love Tonight 和訳歌詞

There’s a calm surrender to the rush of
day
来る日への静寂の時
When the heat of a rolling world
目まぐるしい熱をおびた世界に
Can’t be turned away
目をそむけることはできない
An enchanted moment
愛に満ちたひと時が
And it sees me through
わたしの心の求めているものに
辿り着かせてくれる
It’s enough for this restless warrior
just to be with you
休息のない戦士には
ただ君の側にいるだけで十分なんだ

And can you feel the love tonight?
愛を感じているかい?
It is where we are
それはわたしと君がいる場所だよ
It’s enough for this wind-eyed wanderer
眠れないさすらい人には十分なんだ
That we got this far
遠くに感じたこの場所を
わたしたちが手にしたことだけで
And Can you feel the love tonight?
愛を感じているかい?
How it’s laid to rest?
この心の安らぎ
It’s enough to make kings and vagabonds
さすらい者の王には十分なんだ
Believe the very best
一番安心する場所だと思えることだけで

There’s a time for everyone, if they only
learn
もしすべての人が気がつけば、
この時はあるんだ
That twisting kaleidoscope moves us
all in turn
くるくる回る万華鏡はわたしたちを
すべて順番に動かしてる
There’s a rhyme and reason to the wild
outdoors
野生の世界には詩と理由がある
When the heart of this star-crossed
voyager
悲運な旅人の心は
Beats in time with yours
君の心と共にいれば
やがては脈打つんだ

And can you feel the love tonight?
愛を感じているかい?
It is where we are
それはわたしと君がいる場所だよ
It’s enough for this wind-eyed wanderer
眠れないさすらい人には十分なんだ
That we got this far
遠くに感じたこの場所を
わたしたちが手にしたことだけで
And Can you feel the love tonight?
愛を感じているかい?
How it’s laid to rest?
この心の安らぎ
It’s enough to make kings and vagabonds
さすらい者の王には十分なんだ
Believe the very best
一番安心する場所だと思えることだけで

It’s enough to make kings and vagabonds
さすらい者の王には十分なんだ
Believe the very best
一番安心する場所だと思えることだけで

 


引用:歌詞 Can You Feel the Love Tonightより
和訳 ふうでごう

 

 

 

 何度聴いても素晴らしいですね(´-`)癒されます。

 

 

 

※おまけ

 

ジャッキーの11才頃の来日時の様子

 

 

この動画の最後の方で、客席を覗き見た後、急に祈っていましたね。

一体何を祈っていたのでしょうか?

 

 

 

 

www.nakaimamarunosuke.com

 

 

 

一番最初の天皇 神武天皇  ⑪

  

f:id:nakaimamarunosuke:20201108095732j:plain

 (出典:国史絵画)

 

みなさんこんにちは、中今〇ノ丞です。

 

神武天皇が故郷の日向を出発して、近畿地方の大和にて最初の天皇

として即位するまでの物語の11回目です。

 

 

 <前回の続きから> 

日本書紀

「三月の丁卯(ていばう)の朔(ついたち)にして丙子(へいし)に、

遡流而上(かはよりさかのぼ)り、径(ただ)に河内国の草香邑(くさ

かのむら)の青雲の白肩津に至ります」

 

難波(なには)の岬で祭祀を行ったカミヤマトイワレビコノミコト(神武天皇

は、現在の東大阪市のお日下あたりに到着しました。

 

目の前に迫る生駒山を越えれば、日向でシオツチヒコに

「東に美地(うましつち)有り。青山四周(あおやまよもにめぐ)れり」

よ教えられた大和の地であります。

 

 しかし・・・

 

古事記

此の時に、登美能那賀須泥比古(とみのながすねびこ)、軍を興し、

待ち向かへ戦う」

 

徒歩で生駒越えを試みる一行を先住民のナガスネビコが待ち構え、戦を

仕掛けてきた、と古事記では記してあります。

 

先住民のナガスネビコが軍を興した理由を、日本書紀は次のように

記してあります。

 

日本書紀

「夫(そ)れ天神(あまつかみ)の子等(みこたち)の来ます所以

(ゆえ)は、必ず我が国を奪はむとならむ」

 

ナガスネヒコ生駒山の東、現在の奈良県生駒市付近に住む豪族

で、海を渡ってきたカムヤマトイワレビコノミコトの一行が国を

奪いに来ると考え、生駒山の山上から迎え撃とうとしたのでした。

 

 

 《奈良寺社ガイドより》

生駒市白庭台の住宅地に神武天皇と戦った長髄彦(ながすねひこ)の本拠地があった場所とされる碑が建っています。

長髄彦とは『古事記』では那賀須泥毘古、また登美能那賀須泥毘古トミノナガスネビコ)、登美毘古(トミビコ)とも表記されます。神武東征の場面で、大和地方で東征に抵抗した豪族の長として描かれている豪族です。この地は特に神武天皇と戦ったとされる場所で、富雄川付近には関連する場所が多数あります。

 

 

f:id:nakaimamarunosuke:20201108100057j:plain

(出典:「歴史人」より」

 

 

 

www.nakaimamarunosuke.com

 

 

www.nakaimamarunosuke.com

 

 

 

天使の歌声ジャッキーエヴァンコ「Ombra Mai Fu」

 

f:id:nakaimamarunosuke:20210113210353j:plain

 

みなさんこんにちは、中今〇ノ丞です。

 

今回はアメリカの歌姫ジャッキーエヴァンコのご紹介です。

知らない方のために、一通り略歴を書いた以前の記事をご覧下さい。

             ☟ 

www.nakaimamarunosuke.com

 

  

そのジャッキーエヴァンコが歌います今回の動画は、ヘンデル作曲のオペラから

「Ombra Mai Fu」です。(歌の出だしがマイクに近いため、音が割れています・・・)

 

 

 

歌詞wikipediaより)

原詩(イタリア語

Ombra mai fu
di vegetabile,
cara ed amabile,
soave più

日本語訳

かつて、これほどまでに
愛しく、優しく、
心地の良い木々の陰はなかった

 

 

 

 ジャッキーエヴァンコの声は、どこか冬に聴くとピッタリなように

感じます。

クリスマスソングなどは、よく似合うのではないかなと。

 またクリスチャンなので教会音楽などのレパートリーも多いですね。

 

 

 

それではもう一つ動画をご紹介いたします。

これも、まだ11歳のときのものです。

 

 

 

 

現在は二十歳を過ぎて、すっかり大人の歌い方になっておりますが、

幼少の頃にすでに大人顔負けの歌唱力を披露していたジャッキー。

2本の動画ではまだ体が小さくて、肺活量なども足りない子供の体

ではありますが、それを一切感じさせない歌唱力ですね。

 

ゴッドタレントの後からずっと、かの有名なディビッドフォスター(プロデュー

サー・作編曲家)が付いて一緒に活動をしているので、自然と超一流の音楽の

表現が身についているのでありましょう。

 

 

最後に、6年前の「星に願いを」を歌う動画をご覧ください。

 

 

 

www.nakaimamarunosuke.com

 

 

 

 

竹島 八百富神社参拝 後編 (愛知県蒲郡市) 

 

f:id:nakaimamarunosuke:20210504102506j:plain

八百富神社

 

 

みなさんこんにちは、中今〇ノ丞です。

 

昨日に引き続き、竹島 八百富神社後編です。

 

 

f:id:nakaimamarunosuke:20210504102648j:plain

八百富神社を横から。厳島神社と同じく朱塗りとなっていますね

f:id:nakaimamarunosuke:20210504102803j:plain

本殿を後ろから

f:id:nakaimamarunosuke:20210504104317j:plain

f:id:nakaimamarunosuke:20210504102354j:plain

それでは八大龍神社に向かいます

f:id:nakaimamarunosuke:20210504102441j:plain

f:id:nakaimamarunosuke:20210504102616j:plain

f:id:nakaimamarunosuke:20210504105759j:plain

f:id:nakaimamarunosuke:20210504102952j:plain

f:id:nakaimamarunosuke:20210504103033j:plain

f:id:nakaimamarunosuke:20210504103123j:plain

こちらのお社は、島の一番先の方にあります。きっと龍神様を祀って雨乞いや、

荒波を鎮めたりと天候が穏やかになるよう、昔は祈祷していたのでしょう。

f:id:nakaimamarunosuke:20210504103216j:plain

 

ここでwikipediaでの豊玉彦命についての記述を抜粋して載せておきます。

             

 

タツワダツミ(海神・綿津見)とは日本神話。転じて海・海原そのものを指す場合もある。

 

 

概要[編集]

古事記』は綿津見神(わたつみのかみ)、綿津見神(おおわたつみのかみ)、『日本書紀』は少童命(わたつみのみこと)、海神(わたつみ、わたのかみ)、海神豊玉彦(わたつみとよたまひこ)などの表記で書かれる。

「ワタ」は海の古語、「」は「の」を表す上代語の格助詞、「ミ」は神霊の意であるので、「ワタツミ」は「海の神霊」という意味になる[1]

 

ja.wikipedia.org

 

f:id:nakaimamarunosuke:20210504105833j:plain

木に龍神様が宿っているかのよう

f:id:nakaimamarunosuke:20210504103257j:plain

道沿いを進みますと、この先が龍神岬へ

f:id:nakaimamarunosuke:20210504103606j:plain

f:id:nakaimamarunosuke:20210504103637j:plain

ここから下へ降りることができます

f:id:nakaimamarunosuke:20210504103730j:plain

良い眺め

f:id:nakaimamarunosuke:20210504103806j:plain

f:id:nakaimamarunosuke:20210504103857j:plain

下へ降りてみます

f:id:nakaimamarunosuke:20210504103948j:plain

f:id:nakaimamarunosuke:20210504104014j:plain

f:id:nakaimamarunosuke:20210504104117j:plain

f:id:nakaimamarunosuke:20210504104208j:plain

松の木がこれだけ曲がるとは・・・風の仕業か

 

 

では境内に戻りまして、他のお社のご紹介をいたします。

 

こちらは宇賀神社のすぐ側にございます大黒神社。

御祭神は大国主命

f:id:nakaimamarunosuke:20210504104524j:plain

f:id:nakaimamarunosuke:20210504104811j:plain

f:id:nakaimamarunosuke:20210504104844j:plain

f:id:nakaimamarunosuke:20210504104907j:plain

こちらは千歳神社

この神社に市杵島姫命を勧請した藤原俊成卿が御祭神で、今回拝礼いたしました

ときにエネルギーを感じました。歓迎して下さったのかもしれません。

ここは素通りされる方が多かったようですが、お社も唯一茅葺の神明造りの

ようで、地元の方々の尊崇の念がこのお社にとても表されていることを感じました。

 

神明造りとは、伊勢の神宮にたくさんの社殿がありますが、どれも神明造りと

云われる形式といえば分かりやすいでしょう。

f:id:nakaimamarunosuke:20210504105451j:plain

f:id:nakaimamarunosuke:20210504105707j:plain

お社が立派でしょう。丁重にお祀りされています。

f:id:nakaimamarunosuke:20210504110042j:plain

f:id:nakaimamarunosuke:20210504110145j:plain

では帰ります

f:id:nakaimamarunosuke:20210504110233j:plain

狛犬を後ろから。

f:id:nakaimamarunosuke:20210504110300j:plain

f:id:nakaimamarunosuke:20210504110324j:plain

橋を渡って再び暴風の中を進みます。

f:id:nakaimamarunosuke:20210504110358j:plain

f:id:nakaimamarunosuke:20210504110425j:plain

帰りの橋上では、来たときよりもさらにパワーアップされた風速でした(まさに台風

中継レベル・・・)

 

 

 

さて橋を渡りきったところでふと先を見ますと、さらに離れた所に拝殿があります。

 

 

f:id:nakaimamarunosuke:20210504110757j:plain

f:id:nakaimamarunosuke:20210504110827j:plain

橋が見えますね。

島内ではゆっくりと祈ることができず、人が多いためにせかされて参拝しなければなりませんでしたが、誰も来ないこの離れた拝殿にてゆったりと参拝し、改めて八百富の神様に祈ることができました。

f:id:nakaimamarunosuke:20210504111837j:plain

きっと例祭や大祭のときなどに、こちらでお祓いなどをしてから、橋を渡るのではないかと思われます。

f:id:nakaimamarunosuke:20210504111924j:plain

 

f:id:nakaimamarunosuke:20210504111512j:plain



f:id:nakaimamarunosuke:20210504111051j:plain

f:id:nakaimamarunosuke:20210504111433j:plain




こちらの八百富神社には、専用駐車場はございません。
今回は竹島ミュージアムの駐車場に止めさせていただき、徒歩にて参拝に
行きました。徒歩で橋まで10分くらいかな?

この日は無料でしたが、駐車料金が有料となる日があるようです。


なお近くに竹島水族館がありますが、神社からは結構距離がありますので、

車で移動した方がよさそうです。

 

 

 

 

 

竹島 八百富神社参拝 前編 (愛知県蒲郡市) 

f:id:nakaimamarunosuke:20210503185633j:plain

 (こちらは橋から少し離れた、奥まった所にあります拝殿)

 

みなさんこんにちは、中今〇ノ丞です。

 

今回ご紹介する神社は、愛知県蒲郡市に御鎮座まします

竹島 八百富神社(やおとみじんじゃ)です。

 

愛知県蒲郡市竹島町3-15

 

御祭神

八百富神社  市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)

宇賀神社   宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)

豊玉彦命   八大龍神

大国主命   大国神社

千歳神社   藤原俊成卿 

 

 

f:id:nakaimamarunosuke:20210503185724j:plain

八百富神社は、陸から長さ約400メートルの橋を渡った島にございます。

 

(👆さて龍神雲がお出迎えかな?)

 

f:id:nakaimamarunosuke:20210503185856j:plain

f:id:nakaimamarunosuke:20210503185931j:plain

橋が見えてきました

f:id:nakaimamarunosuke:20210503190257j:plain

この橋の先に八百富神社が(鳥居が見えます)

 

この日は台風並みの強風(暴風)で、橋を渡る際に神々から強風の手荒い(?)歓迎を受けることに・・・

 

f:id:nakaimamarunosuke:20210503190413j:plain

口?を開けた雲(いやパペットか?)

f:id:nakaimamarunosuke:20210503190556j:plain

強風に耐えに耐えて、やっとこさ鳥居に辿り着きました(ありがたみが倍増したかも)

 

追記:この強風が最強のコロナ対策になっていたこと、また神社に入るまでの邪念を払う禊ともなっていたことを、いま振り返ってみてしみじみと思うのでした(-ω-)/感謝

 

f:id:nakaimamarunosuke:20210503190711j:plain

太陽がほのぼのとした良い感じの色合いです

f:id:nakaimamarunosuke:20210503190640j:plain

f:id:nakaimamarunosuke:20210503190749j:plain

f:id:nakaimamarunosuke:20210503190843j:plain

f:id:nakaimamarunosuke:20210503190923j:plain

f:id:nakaimamarunosuke:20210503190816j:plain

階段を登っていきます

f:id:nakaimamarunosuke:20210503191115j:plain

f:id:nakaimamarunosuke:20210503191209j:plain

f:id:nakaimamarunosuke:20210503191245j:plain

f:id:nakaimamarunosuke:20210503191412j:plain

階段を登りきりますと、一番最初に宇賀神社。

 

祭神は宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)

食物を司る神様です。

f:id:nakaimamarunosuke:20210503191726j:plain

f:id:nakaimamarunosuke:20210503191833j:plain

f:id:nakaimamarunosuke:20210503192028j:plain

 

f:id:nakaimamarunosuke:20210504081037j:plain

続いて八百富神社へ

 

御祭神は市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)。

八百富神社は安徳天皇の養和元年三月十八日(1181年)の創建と伝えられ、

その前身は藤原俊成卿が三河守に在任中、未開であった竹谷、蒲形の庄の開拓に

あたられ、地方開発、産業発展のため、琵琶湖の竹生島(ちくぶじま)より勧請

(かんじょう)せられました。

三河雀という書には、江の島、竹生島厳島(いつくしま)などと共に日本

七弁天の中に挙げられています(八百富神社栞より)。

 

実際に訪れてみて気になった点としては、まず神社の造りが「尾張造り」

ではないかという点です。

この尾張造りとは、文字通り尾張地方独特の形式で、例えば名古屋市緑区にあります

氷上姉子神社(式内社)などの社殿ととても形が似ています。

この氷上姉子神社は熱田神宮の摂社になりますが、こちらの八百富神社の賽銭箱

や提灯などを見ていただきますと、熱田神宮のマーク(神紋?)が使われています。

なので、熱田神宮となにかしらの縁があるものと思われます。

 

f:id:nakaimamarunosuke:20210503192107j:plain

さて、この日は多くの参拝者で賑わい、後から後から人がやってきます。

なので、参拝時間もその点を考慮して時短ですることに・・・残念

f:id:nakaimamarunosuke:20210503192134j:plain

f:id:nakaimamarunosuke:20210503192238j:plain

f:id:nakaimamarunosuke:20210503192305j:plain

f:id:nakaimamarunosuke:20210503193437j:plain

御神木

f:id:nakaimamarunosuke:20210503193514j:plain

f:id:nakaimamarunosuke:20210503193552j:plain

続きまして八大龍神社へ





長くなりますので、続きは後編へ👉ダンディ坂野風をイメージ)

 

 

 

 

www.nakaimamarunosuke.com

 

 

 

www.nakaimamarunosuke.com