中今〇ノ丞の「まあるく生きる」

人生をどう生きたらいいのか、一緒に考えよう

★安倍前総理、日本の尊厳と国益を護る会総会に出席 (青山繁晴参議院議員ブログより)

 

みなさんこんにちは、中今〇ノ丞です。

 

今回は自由民主党参議院議員青山繁晴さんのブログからの転載です。

 

自民党の有志グループ「日本の尊厳と国益を護る会」の創立一周年記念

総会に安倍晋三・前内閣総理大臣が参加されたという記事です。

 

 

 
 護る会 ( 日本の尊厳と国益を護る会 ) の創立1周年記念総会・兼・懇親会は、総勢62人のうち3分の2以上が出席、そこに安倍晋三・前内閣総理大臣を入れて44人の自由民主党・衆参両院議員の参加となりました。
 冒頭に、代表のぼく(青山議員)があいさつを致し、ごく簡潔に、護る会のここまでの歩みを振り返りました。
 焼き鳥会議から始まり、やがて三本柱 ( 皇位継承の父系一系による安定、スパイ防止法の制定、中韓などによる国土侵蝕の阻止 ) を掲げて護る会が発足し、ことし6月20日に創立1周年を迎え、武漢熱のために延期していた記念総会を本日に開くまでの経緯も含めて、なるべく短め目に話しました。
 ここまでは、安倍・前総理との事前の協議にしたがって、メディア・オープンです。



 ぼく(青山議員)のあいさつ終了を持って、記者団には退席をいただき、山田宏幹事長による報告がありました。それは、皇位継承をめぐる提言を菅義偉・新総理に手交いたした際の報告です。
 そして安倍・前総理がお話しをされました。
 事前には打ち合わせをしていません。話をされるのかどうか、もしも話されるのなら何についてか、それらは事前にあえて一切、協議いたさなかったという意味です。
 安倍さんのいわば意思によって、護る会の国士の面々に、同じ国士としての素晴らしい、予想を遙かに超えて踏み込んだお話しをされました。

 そのあと岸信夫防衛大臣も立たれ、尖閣諸島を護り抜く決意などをしっかりと話されました。



 そのあと各議員 (三宅伸吾有村治子参議院議員原田義昭三谷英弘衆議院議員。ほかに、氏名非公開の議員ひとり / 発言順 ) からの問いに、ひとつひとつ安倍・前総理は丁寧に、そして限界を踏み越えられるような印象深いお答えを返されました。
 最後に、みんな、感激を胸に秘めての記念撮影です。



 会議室から廊下へ出ると、あっぱれの日本晴れです。
 祖国が日本晴れを取り戻すように、護る会とともに戦います。
 会の終わりに、ぼくは再び立ち、安倍前総理に「護る会の総意として、護る会に最高顧問として加入いただくようお願いいたします」と申しあげました。
 会場一杯の拍手のなかで、安倍前総理は、「分かりました。検討します」とお応えになりました。
 
 
 
〇ノ丞):この総会にて、安倍前総理は小一時間ほどお話しをされた
そうです(マスコミはシャットアウトしたところで)。その際、拉致問題
についてのご自身の見解やその裏側の突っ込んだ話しの他に、またこの
護る会に大変期待されている旨のをお話しされたということです。
 
ちなみに岸防衛大臣もご出席されましたが、岸大臣と安倍前総理って
実の兄弟だって知ってましたか?(岸大臣は岸家の養子になった)
 
 
 
 

竹島は「日本領」米航空図発見=講和条約直後に作製―日本国際問題研究所(時事通信社)

 

1954年に米政府が作製した航空図。韓国領の鬱陵島(ULLUNG DO)と島根県の竹島(矢印の先、西洋名・LiancourtRock)の間に、韓国と日本の国境線が引かれている(日本国際問題研究所提供、米国国立公文書館所蔵)

© 時事通信 提供 1954年に米政府が作製した航空図。韓国領の鬱陵島(ULLUNG DO)と島根県竹島(矢印の先、西洋名・LiancourtRock)の間に、韓国と日本の国境線が引かれている(日本国…

 

 

 

        2020/10/23/17:44

 日本国際問題研究所(東京)は23日、島根県竹島(韓国名・独島)について、日本領と記された1953年と54年米政府作製の航空図2点を発見したと発表した。分析に当たった島根大の舩杉力修准教授によると、サンフランシスコ講和条約発効直後の米政府の地図で竹島周辺の国境線が確認されたのは初めて。舩杉准教授は「条約の内容を反映していると考えられる」と話している。

 

舩杉准教授によると、航空図2点は米国国立公文書館で見つかった。52年に発効した講和条約に付帯地図はないが、航空図には事実上の国境線が引かれており、条約起草国である米国の当時の認識が確認できるという。

 

舩杉准教授は「韓国政府は条約に関して違う見解を表明しているが、日本政府の主張を補強する資料として提示できるのは非常に大きい」と話している。

竹島をめぐっては、日本が講和条約で「放棄すべき」とされた領土に含まれないとしているが、韓国も領有権を主張し、実行支配を続けている。

(出典:時事通信社

 

 

〇ノ丞)解説:

この竹島は、韓国はサンフランシスコ講和条約が結ばれて日本が

独立を回復する直前に、李承晩ラインという線を勝手に引いて、勝手に

竹島の名前を独島と変えて、自分の島だと言った。

これが竹島問題のスタートです。

これは韓国が、日本が独立を回復して主権国家に戻ると厄介なので、

その前に竹島を取ってしまおう、というわけです。

 

 李承晩が勝手にラインを引いた。そのラインに対して日本は実質的な

文句を言っていない。

こうして竹島は、韓国に軍事支配される島になってしまいました。

 

 

 

 

 

www.nakaimamarunosuke.com

 

こころのつぶやき  何を追い求めるか

 

f:id:nakaimamarunosuke:20201025215421j:plain

 

人それぞれ 定まった分度があるという

 

だが 努力しなくてもいい というわけではない

 

それを踏まえた上で その分度といっても 

 

何を追い求めるかによって 違ってくる

 

自分に不相応の 家やその他高い物を

 

ほしいと追いかければ 一生 そのことで

 

頭は 一杯になるだろう

 

でも 心の平安を 追い求めるとしたら

 

自分に 相応しい 等身大の

 

物で 結構 事足りる

 

たまに ささやかな贅沢をする

 

これぐらいが ちょうどいいかな?

内掌典に生涯を捧げた宮中女官  高谷朝子さん 3

 

みなさんこんにちは、中今〇ノ丞です。

 

前回に引き続き、宮中祭祀を司る掌典職内掌典(ないしょうてん)として、

1943年から2001年まで57年間も皇室に仕えられた「高谷朝子」

さんのご紹介です(高谷さんは2018年に亡くなられています)。

 

f:id:nakaimamarunosuke:20201002225743j:plain

(出典:宮中賢所物語)

 

 

この内掌典とは、皇居内にある宮中三殿賢所皇霊殿、神殿)という、

皇居の中でももっとも神聖な場所・賢所(けんしょ・正式にはかしこどころと読む)の

御用を勤められる女性のことです。

 

f:id:nakaimamarunosuke:20201002230137j:plain

 

 

 高谷さん「この賢所に、私は57年間勤めさせていただきました。

内掌典(ないしょうてん)と申します。

常に御殿のお側にお仕え、御三殿をお護り申し上げ、御本殿に御祭り

申し上げます神様にお仕え申し上げますのが、私どもの御用でございます。

 

内掌典は、表向きの皇室行事とはまったく関係なく、遠い昔から続けられ

てきました御殿の御神事、御殿の御用をさせていただき、古のしきたりの

中で過ごします。お清めのこと、御所言葉、また普段の生活も、代々の

お方様から受け継がれました伝統を、いまもお護り申し上げております」

 

「皇室文化に対する深い憧憬を求め、ひたすら賢所にお仕えされます

心清らかな方々によって、作法やおしきたりはすべて口伝(くでん)

で代々受け継がれてまいりました内掌典でございます」

 

f:id:nakaimamarunosuke:20201024173824j:plain

 

「明治時代にお勤めあそばした高木内掌典、大正後期よりお上がりあそば

した三上内掌典は、五十余年を神様の御用にお捧げあそばしました。

そして五十数年間、賢所様の尊い御用をさせていただきました私が下が

らせていただきました」

 

 

〇ノ丞):高谷さんまでの間、この八咫鏡の形代が祀られている賢所

の御用を、宮中に住み込みで代々の独身の女官達が受け継いでこられた

のでありました。そして内掌典の仕事内容は一切書き残すことが許されて

おらず、先輩の内掌典から教えられる御用のひとつひとつを口頭でのみ

伝えられ、必死に記憶しながら身に付けてきたのです。

 

現在でこそ4年任期となり、退職して結婚する女性も多いが、かつての

内掌は一生その任に当たった。そういう意味で、高谷さんは内掌典職に

生涯を捧げた最後の方といえます。

 

 

 

  ~4に続く~

 

 

 

 

 

www.nakaimamarunosuke.com

 

www.nakaimamarunosuke.com

 

 

 

 

 

尖閣諸島に正当な調査を再開しましょうと下村政調会長に申し入れました(参議院議員 青山繁晴ブログより)

 

みなさんこんにちは、中今〇ノ丞です。

 

今回は、自由民主党参議院議員青山繁晴」さんのブログからの

転載です。

自民党の「尖閣諸島の調査・開発を進める会」による提言です。

 

 

2020-10-23  15:25:53

 

 
自由民主党本部の政調会長室です。
 下村博文・新政調会長から「一瞬だけ、マスクを外しましょう」と提案がありました。 ぼく(青山議員)はマスクを手に持っています。



 この議連(尖閣諸島の調査・開発を進める会)の両トップである稲田朋美・元防衛大臣山田宏・元防衛政務官の発言のあと、不肖ぼく(青山議員)
が発言しています。会の要請のポイントは3つです。

(1)尖閣諸島の調査を実施するための議員立法を新たに進めること
(2)政権を奪還した西暦2012年の総選挙では、尖閣諸島に公務員を常駐させるのを公約しておきながら、自由民主党はその後の選挙ではこれを公約していない。次の総選挙では必ず、公約に戻すこと。
(3)尖閣諸島をめぐっては、党の正式機関や議連でいくつか同時進行で議論している。これを整理して、必要なら新たなPT(プロジェクトチーム)も立てること。

 下村政調会長からは「基本的に目指すものは同じなので、リーダーシップを持って整理して、前へ進める」という趣旨の回答がありました。

▼申し入れの終了後、ぼくから下村政調会長に「武漢熱をめぐる海外同胞の支援について、党の案はいったん政府から拒絶されました。しかしその後、菅総理と不肖わたしとの協議に基づいて、関係省庁が今、新案を作成中です。いずれ外交部会と党政調の正式な案にするかどうかのプロセスに入ってくださることを希望しています」という話を簡潔にしました。
 この話はすでに、佐藤正久外交部会長に、先に、してあります。
 すなわち、決して諦めたり断念することなく、正しい手順を踏んで再び、進めています。
 
 
 
 
〇ノ丞):現在、国会閉会中ではありますが、自民党の議員達は国民の見えない
ところで、日夜こうした提言をしたり、また朝8時から色々な部会を開いて勉強
したりと働いています。
 
野党はというと・・・何してるんだろう?(?_?)
 
 
 
 
 
 
 

〝慈悲”ということば (阿含経)

 

f:id:nakaimamarunosuke:20200929192850j:plain

 

 

みなさんこんにちは、中今〇ノ丞です。

 

今回は「阿含経を読む 1」という本から、お釈迦様の素晴らしい

ことばが載っていましたので、それをご紹介いたします。

 

P232『「慈教」(じきょう・小部経典、経集、1,8)と名づける

一経があります。比丘(びく・修行僧のこと)たちは、人なき静処に

ひとり坐して修行するとき、これらの章句を念誦(ねんじゅ)して坐する

をならいとしたということであります』

 

 

”慈悲のことば”

 

よく教えの道理を会得したものが、

自由の境地をえてのち為すべきことはこれなり。

有能、率直、そして端正なること、

よき言葉を語り、柔和にして、高慢ならざること。

 

足ることを知りて、養いやすきこと、

雑事にかかわらず、簡素に生くること、

五根を清らかにして、聡明、謙虚なること、

檀越(だんおつ)の家におもむいて貪(むさぼ)りなきこと。

 

卑賎なわざをなして識者の非難をうくるなかれ。

ただ、かかる慈しみのみを修すべし。

生きとし生けるものの上に、

幸いあれ、平和あれ、安楽あれと。

 

あたかも、母性がそのひとり子を、

おのが命を賭してまもるがごとく、

生きとしいけるものの上に、

かぎりなき慈しみの思いをそそげ。

 

また、一切世間のうえに、

かぎりなき慈しみをそそげ。

上にも、下にも、また四方にも、

うらみなく、敵意なく、ただ慈心をそそげ

 

f:id:nakaimamarunosuke:20200620005412j:plain

 

 

〇ノ丞):とても味わい深いお言葉ですね。

お釈迦様の心の中というのは、このようなものなのでしょう。

 ちなみに、阿含経とは初期仏教の経典の一つ。

 

当ブログでたまに記事にあげます「ブッタのことば」(スッタニパータ)

原始仏教聖典といわれています。

 

 

 

女性天皇とは  その2

 

f:id:nakaimamarunosuke:20201017194042j:plain

 

 

みなさんこんにちは、中今〇ノ丞です。

 

前回の女性天皇の続きです。

 

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/c/cc/Empress_Suiko_2.jpg/270px-Empress_Suiko_2.jpg

(出典:ウィキペディア推古天皇像』)

 

 

今までの女性天皇のうち8方中6方は皇女(こうじょ・天皇の娘)で、

1方が皇孫(こうそん・天皇の男系の孫)、あと1方が皇曾孫(こうそうそん・

天皇の男系の曾孫)でありました。

 

このように歴代の女性天皇は、全方が天皇の「男系の子孫」に当たります。

この「男系の子孫」とは、父親を辿ると、初代天皇神武天皇にまで行き着く人

のことをいいます(海外で説明するときは、男系よりも父系『Father‘s line

』というとすぐわかるようです。日本でも男系と言うより、父系という言い方

の方が理解しやすいのではないかと思われます)。

 

この女性天皇が一代限りだったこともあり、女性天皇の後は本来皇位に就く

べき男系の男子に皇統が戻るので、皇位はこれまで126代と例外なく

歴代天皇の男系の子孫によって継がれてきました。

 

 

さて、多くの女性天皇が出現した奈良・飛鳥時代というのは、まだ皇位継承

制度が整う前で、その頃は皇太子の制度も明確になっていませんでした。

そのため、天皇の代替わりのときに混乱が生じやすく、次に男系男子が皇位

就くまでの間、暫定的に女性が天皇になることがあったのです。

 

 

その最初の女性天皇である推古天皇(すいこてんのう)は、欽明天皇

きんめいてんのう)の皇女で、同時に敏達天皇(びだつてんのう)の皇后

でありました。

 

 

その3につづく~

 

 

 

www.nakaimamarunosuke.com

 

 

www.nakaimamarunosuke.com

 

 

www.nakaimamarunosuke.com

 

 

www.nakaimamarunosuke.com