中今〇ノ丞の「まあるく生きる」

人生をどう生きたらいいのか、一緒に考えよう

「ブッタの感興のことば」から学ぶ ❷

f:id:nakaimamarunosuke:20200403181554j:plain


 

みなさんこんにちは、中今〇ノ丞です。

 

今回は「ブッタの感興のことば」から学んでみたいと思います。

 

第17章 『水』

 

五、「『その報いはわたしには来ないだろう』とおもって、

悪を軽んずるな。水が一滴ずつ滴(したた)りおちるならば、

大きな水瓶でもみたされるのである。愚かな人々は、少しずつ

でも悪をなすならば、やがてわざわいにみたされるのである」

 

 

六、「『その果報はわたしには来ないだろう』とおもって、

善を軽んずるな。水が一滴ずつ滴(したた)りおちるならば、

大きな水瓶でもみたされるのである。気をつけている人々は、

少しずつでも善をなすならば、やがて福徳にみたされるのである」

 

 

 塵も積もれば山となる と似ていなくもないですが、

日頃、自分の行動や心の中で思うことは、あまり気にならない

かもしれません。でも

 

「このくらいは別にやっても大丈夫だろう」

 

「人が見ていないのだから、いいだろう」

 

「心で何を考えているかは誰にもわからないのだから・・・」

 

と、誰でも思うことですよね。

 

なるほど、ちょっと悪いことをしたところで、すぐに

何かバチがあたることもないし・・・

 

反対に、道に落ちているゴミを拾ったり、困っている

人を手助けしても、それがすぐに良い結果となって還って

くるわけでもなし・・・ 

 

ですが、それらが積もり積もって、いつか結果となって現れる、

ということですよね。

 

世の中ほんと色んな理不尽なこと、理解できないことのオンパレード

な毎日ではありますが、こういう目には見えない法則があるから

こそ、身も心も正さないとな、って思いました<m(__)m>

しかも、万人に平等にこの法則は働くわけですから。

違う見方をすれば、どんな人でも努力次第で素晴らしい人に

なれる資格が与えられているともいえます。

 

 

ただし、悪いことをしたとしても、そこに心からの反省の

気持ちがあればね。間違いを起こさない人はいないですし。

 

また、失敗は悪なのかもしれないけれど、失敗をして初めてわかる

こともありますよね。